주요 기사 바로가기

農心「ラーメン宗主国・日本に韓国伝統の辛口味を」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.25 17:17
0
4月10日、日本の東京にある大型ショッピングモール、ペルサール渋谷ガーデン。農心の辛ラーメンのロゴで車体を覆ったキャンピングカーである『辛ラーメン』キッチンカーが初めて公開された。現地の報道機関やパワーブロガーら200人余りが、即席で料理できるキッチンカーから出された15種類の辛ラーメンレシピを味わった。キッチンカーはこの頃東京・大阪・名古屋など日本の主な繁華街やショッピングモールを回って辛ラーメンの辛い味を日本の消費者に紹介している。

農心が今年の海外輸出目標を昨年より30%増の5億7000万ドルとしながら代表製品の辛ラーメンを中心にグローバル販売戦略を強化している。流通網を現地の実情に合うように持っていき、国別にマーケティングも差別化している。

世界のラーメン消費量の半分を占める最大ラーメン消費大国の中国では今年、オンラインを集中攻略する戦略をたてた。農心中国法人は4月、世界最大電子商取引業者である中国“淘宝(タオバオ)”に“農心食品専門館”を開いた。辛ラーメンやエビセンなど50種余りの製品を売る。このためにマーケティング・営業・物流担当者で構成されたオンライン事業専門担当チームも新設した。淘宝で直営販売する韓国企業は、現在サムスン電子、LOCK&LOCK、THE FACE SHOPなどだが、食品では農心が唯一だ。プレミアム戦略も固守する。“康師傅”など中国現地の高級インスタントラーメンが2.2中国元(約35円)だが、これに比べて辛ラーメンは1.5倍程高い3.5中国元(約56円)で売れる。それでも今年の中国での売り上げは昨年より40%近く増えると予想している。

欧州や米国など先進国の市場では大型流通業会社を集中攻略している。3月、米国ラーメン生産ラインを1年あたり4億4000万個から5億5000万個に増やした。今年1月からは世界最大流通業企業のウォルマートと直取引契約を結んで米全域約3600カ所の売り場にラーメンを直接供給している。農心アメリカ法人のシン・ドンヨプ代表は「高価政策、大型流通網攻略と辛ラーメンブラックのモデルである歌手PSY(サイ)の人気とあわせて3年内に米国ラーメン市場占有率2位に上るという計画をたてた」と明らかにした。
農心「ラーメン宗主国・日本に韓国伝統の辛口味を」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    農心「ラーメン宗主国・日本に韓国伝統の辛口味を」(1)

    2013.06.25 17:17
    뉴스 메뉴 보기
    英国ロンドンのスーパーマーケットチェーン店『ザ・コーポレーション』で最近開かれたサンプリング行事で、現地の人たちが農心英国法人が無料で配った辛ラーメンカップラーメンを持って笑顔を見せている。(写真=農心)
    TOP