주요 기사 바로가기

野村金融投資「韓国含む新興4カ国のみ経常黒字続く」

ⓒ 中央日報日本語版2013.09.17 13:52
0
野村金融投資が、主要新興国26カ国のうち韓国・ベトナム・ハンガリー・フィリピンの4カ国だけが今後も経常収支の黒字が続くと予想した。

韓国の場合、国内総生産(GDP)に対する外貨建て負債比率、外貨準備高に対する短期外債比率、構造的な経常収支規模などを基準に対外衝撃に対する敏感度を分析した結果、8番目に良好な国と評価された。

韓国のGDPに対する外貨建て負債比率は34.0%で、中国(12.1%)、ロシア(13.00%)、エジプト(13.3%)、インド(16.0%)などに続き16番目に低い。外貨準備高に対する短期外債比率は37.0%で、ブラジル(11.0%)、フィリピン(13.0%)、ペルー(14.0%)などに続き12番目に低かった。

野村金融投資は「構造的な経常収支と過去3年間の経常収支推移などを勘案すると、韓国、ベトナム、ハンガリー、フィリピンの4カ国だけが今後、経常収支増加モメンタムを維持するだろう」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP