주요 기사 바로가기

【中央時評】大統領の父親をかじって食べる息子(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.02 15:44
0
全斗煥(チョン・ドファン)の息子は、父親の不法資金で富の城砦をつくり上げた。その城砦の中にいれば一生富と栄華を享受することができる。父親は追徴を免れ息子に無記名債権を譲った。第5共和国政権は自ら歴史的評価を受ける部分はある。全斗煥一家の不正腐敗によってそうした評価が縮んでいる。12・12事件(1979年12月12日に起きた全斗煥元大統領などによるクーデター)は、永遠に5・16軍事クーデター(1961年5月16日に当時少将だった朴正熙元大統領らがおこしたクーデター)のような扱いを受けることができないだろう。

金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の息子は、官僚でも政治家でも民主化闘士でもなかった。それでも彼は父親の権力を分けてもらおうとした。彼は一流ホテルの部屋に座って小統領のような振舞いをした。一部の言論人・政治家・官僚らがハエのように彼の周辺に馳せ参じた。息子は結局、不法資金で監獄に行き、父親の「カルグクス改革」は色あせた。

金大中(キム・デジュン)元大統領の息子は、江南(カンナム)のルームサロンで企業家に会っていた。業者が彼のもとに集まった。彼のマンションのベランダ倉庫には古い小切手の束が積み重なっていった。全部で10億ウォンだった。末の息子はロビイストと交わった。兄弟は監獄に行き、父親の大統領は国民に謝罪しなければならなかった。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の息子は、父親の財政的後援者から金を受け取った。数百万ドルに達する巨額だった。盧武鉉は「きれいな大統領」に命をかけていた。妻と息子が自身に内緒で金を受け取ったという事実があらわれると大きな衝撃を受けた。彼は岩壁から飛び降りた。一つの国の国家元首を歴任した人が、家族の腐敗で自殺したのは世界史的な悲劇だった。

韓国の大統領の息子が、限りなく転落している。父親が権力を銃でとらえようが選挙でとらえようが何の差もない。秋霜のような前例が数えきれない程多いのに、間違いなく転落する。なぜだろうか。どれだけ多くの悲劇が発生すれば、この堕落シリーズが止まるのだろうか。

韓国でこうしたことが広がるのは、父親の権力と自身の人生を混同するためだろう。彼らは父親の権力が私のことのように考える。だから黒い金を受け継いで、子供の大統領の振舞いをして、父親の後援者から自身も後援を受ける。レーガン大統領の息子のバレーダンサーは、コンドームを手に雑誌表紙モデルに出た。エイズ退治運動の先頭に立ったのだ。彼にとって父親は父親で「私は私」であった。息子のおかげで父親レーガンはより一層大きくなった。韓国の大統領の息子は父親をかじって食べている。

キム・ジン論説委員・政治専門記者
【中央時評】大統領の父親をかじって食べる息子(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP