주요 기사 바로가기

在日同胞の姜尚中教授、日本の聖学院大学学長に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.31 09:54
0
韓国国籍の在日同胞2世である姜尚中(カン・サンジュン)教授(63)が、日本の聖学院大学学長(韓国の総長)に選任された。キリスト教系総合大学で埼玉県上尾市に位置する聖学院大が30日にホームページで明らかにした。任期は2014年4月から5年間。1950年日本の熊本県で生まれた姜教授は15年間東京大学教授に在職した。政治学および政治思想史の専攻で『オリエンタリズムの彼方へ』『東北アジア共同の家を目指して』などの著書がある。最近、韓国内で議論になった“鬼胎(生まれてはいけない人)”という用語を共著の本『大日本・満州帝国の遺産〔韓国版:岸信介と朴正熙(パク・チョンヒ)〕』で初めて使った。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    在日同胞の姜尚中教授、日本の聖学院大学学長に

    2013.07.31 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    姜尚中(カン・サンジュン)教授。
    TOP