주요 기사 바로가기

現代車の生産ライン無断停止、労組幹部に1億ウォンの賠償判決=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.25 13:33
0
工場稼動を無断で中断させた現代(ヒョンデ)自動車の元労組幹部に1億ウォン(約900万円)余りを賠償しろとの判決が下された。現代車労組の生産施設の無断占拠について裁判所が賠償を命じたのは今回が初めてだ。

蔚山(ウルサン)地方裁判所第4民事部(ソン・イクギョン部長判事)は24日、現代車が元労組代議員のホ某氏(47)を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、ホ氏が現代車に1億362万ウォンを支払うよう命じる判決を下した。現代車は、ホ氏が3月21日、蔚山工場の3工場で3時間生産ラインを不当に中止させたことで18億ウォン相当の生産支障が発生したとして、2億ウォンの損害賠償訴訟を提起した。裁判所は民事訴訟法により自白とする判決を下した。被告が答弁書を出さず裁判に出席しなかったため、自白したものと見なしたのだ。ホ氏は「判決を受け入れることはできない」として控訴を準備中だと分かった。

今回の判決は、現代車が生産施設の無断占拠に関して労組側と進行中の10件余りの民事訴訟に影響を与える見通しだ。現代車によれば今年前半期だけで労組幹部などにより計6回工場稼動が中断されて1000台余りの生産支障がでた。生産中断措置に関与した労組幹部は20人余りで、彼らは最低約80分から5時間にわたりラインの稼動を滞らせた。

 
これと共に裁判所は、現代車の違法な工場占拠座り込みなどで起訴された現代車の非正規職の元労組幹部など21人に有罪を宣告した。蔚山地方裁判所刑事2単独のハム・ユンシク判事は、業務妨害罪などで書類送検された現代車蔚山工場のイ某氏ら非正規職の元労組幹部、現代車労組幹部ら16人にこの日懲役4~6月で執行猶予2年を宣告した。またほかの非正規職労組員ら5人には200万~500万ウォンの罰金刑をそれぞれ宣告したと明らかにした。

イ氏ら非正規職労組員は正規職への切り替えを要求して2010年11月15、16日に現代車蔚山工場の生産ラインを占拠して2544億ウォンの生産損失を与えた容疑で起訴された。一部の組合員は2011年3月16日に会社の警備員を集団暴行した容疑で起訴された。ハム判事は「適法でない争議行為や労使間衝突で生産支障をきたした責任を問わざるをえない」と明らかにした。

◆竹棒デモ逮捕令状=蔚山警察庁は20日、現代車蔚山工場正門で竹棒による暴力デモを主導した民主労組組合員4人に対してこの日逮捕令状を請求した。当時、竹棒を手にしたデモ隊は工場のフェンスを取り壊して工場侵入を試みたが現代車の警備員と衝突した。このためデモ隊で約10人、現代車側で約80人の計100人近くが負傷した。蔚山警察庁のファン・トック捜査2係長は「暴力デモを主導した労組関係者など20人余りは全員検挙して司法処理する方針」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP