주요 기사 바로가기

「日本に良くない印象」 韓国・中国で強まる=米国調査機関

ⓒ 中央日報日本語版2013.07.12 17:27
0
米国の世論調査機関ピューリサーチが最近、アジア・太平洋8カ国で実施した世論調査の結果によると、日本に「非常に良くない印象を持っている」という回答者は韓国で38%、中国で74%だった。日本に「良くない印象を持っている」という回答まで合わせると、日本に好ましくない印象を抱いている回答者は韓国で77%、中国で90%に達した。

一方、他のアジア国家のマレーシア(80%)、インドネシア(79%)、フィリピン(78%)、パキスタン(51%)は半分以上が日本に「好感を持っている」と答え、韓国・中国との差を表した。

ピューリサーチは韓国と中国で日本に対する反感が強い理由について、「過去の侵略と支配について日本が十分に謝罪しなかったと考えているため」と分析した。

今回の調査は韓国、中国、日本、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、パキスタン、フィリピンの8カ国で今年3月初めから4月初めにかけて電話または対面質問方式で行われた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP