주요 기사 바로가기

【コラム】対日本戦略を見直そう(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2012.08.21 16:49
0
戦いで勝利する方法に対する摸索は歴史上、長く続いた。 生存資源をめぐる太古的な争奪から人類の戦いは始まったはずであり、その長い間の戦いの流れで、どうすれば相手に勝てるかも自然に考えられてきたはずだ。

戦いに関する哲学的な摸索はいくつか存在する。 中でも筆頭は『孫子の兵法』。 その中の戦争の知恵は、2500年が過ぎた今日でもまだ有効だ。 最も有名な指針が「相手を知り自分を知る」という知彼知己だ。

自分の状況に劣らず相手のすべてを知ってこそ、戦いで優位を守れるということだ。 相手と自分の状況を見比べながら力の強弱を知り、相手のどの部分をどう攻略すべきかを考えろというメッセージだ。 また相手のどの部分を避けるべきかも知らなければならない。

最近の韓国と日本の激しい神経戦を見ながら、私たちは日本とどのように戦っているのかを考える。 これも一種の戦いだ。 それだけに私たちはうまく戦っているのか自らを省みる必要がある。

李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問、そして天皇に対する発言が続くと、日本は今、蜂の巣を突付いたような雰囲気だ。 李大統領のこうした行動と発言への日本の対応を見ると、「やはり器が小さい島国」という印象を否めない。 韓日自由貿易協定(FTA)を先送りし、通貨スワップの中断を検討する姿を見ながら感じたことだ。

日本政界の狭量が引き立つ場面だが、それでも彼らが自国の世論で批判に直面したという話は聞こえない。 李大統領の独島訪問までは静かだった日本が、その後に続いた「天皇が訪韓するのなら過去について謝罪すべき」という李大統領の発言に爆発した。
【コラム】対日本戦略を見直そう(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP