주요 기사 바로가기

iPS細胞から肝臓を作成、日本の研究陣が成功(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.04 08:49
0
日本の研究陣が人工多能性幹細胞(iPS細胞)でヒトの「ミニ肝臓」を作るのに成功した。大きさはまだ1センチメートルにもならないが、たんぱく質を作って解毒作用をするなど肝臓固有の機能をすべて持っていると確認された。これまで幹細胞を利用して多様な臓器細胞が作られたが、肝臓のような臓器組織自体を作ったのは今回が初めてだ。このような研究結果は4日に世界的科学学術誌「ネイチャー」を通じて紹介された。

横浜市立大学医学大学院の武部貴則博士らの研究チームは、まず人のiPS細胞を内胚葉細胞に成長させた。続けてこの細胞を血管内皮細胞、間葉系細胞とともに培養した。血管内皮細胞は血管を作る役割、間葉系細胞は細胞と細胞をつなぐ役割をする。これらを混ぜて4~6日間培養すると肝臓の“種”が作られた。大きさは直径5ミリメートル前後にすぎなかったが、複雑な血管網を備えた「小さな肝臓」だった。遺伝子テストの結果も実際のヒトの肝臓に現れる遺伝子形態と似ていた。

研究陣はこの種を免疫機能をなくしたネズミの頭部などに移植した。48時間後に血流が生まれ血が回り始めた。幹細胞で作った細胞だけ移植した時よりはるかに簡単にネズミの体に定着したのだ。続けてネズミのアルブミン(体内たんぱく質の一種)の数値が上がった。ヒトの肝臓だけが解毒できる薬物に対する代謝率も上昇した。ネズミに移植されたヒトの肝臓が機能していることを示す証拠だった。研究陣は昨年4月にネイチャーに論文を提出し、ネイチャーは1年余りにわたりこれを検証した上で論文掲載を決めた。

胎盤幹細胞を利用した肝臓細胞開発研究をしてきた盆唐(プンダン)車病院のファン・ソンギュ研究副院長は、「これまで幹細胞研究は平面的な二次元細胞を作るのにとどまってきた。日本の研究陣が三次元臓器を作るのに成功したことで、幹細胞の研究水準を1段階アップグレードした」と話した。臓器の種を作って移植したことに対して、「苗床に芽が萌え出て田植えをするように幹細胞で臓器構造を作ることができる効率的な方法を見つけ出した」と評価した。
iPS細胞から肝臓を作成、日本の研究陣が成功(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP