주요 기사 바로가기

温暖化・乱獲・中国漁船で荒廃する韓国の漁場(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.13 17:20
0
12日午前6時、済州道西帰浦市天地淵滝の下の西帰浦港水産協同組合魚販場。コンクリートの1650平方メートル(500坪)規模の空間の中、330平方メートル(100坪)ほどの空間で、最初の競りが始まった。アカダイ約6000匹が60キロの黄・青プラスチック箱20個に入れられ、仲買人の手に渡った。その後、タチウオが入った10キロの箱が入ってきた。午前10時まで行われたタチウオの競りは200箱で終わった。西帰浦水産協同組合のチェ・ジョンホ組合長は「5、6年前までは500坪の魚販場が埋まり、埠頭側で待機しているタチウオの箱があったが、今は朝の競売場の雰囲気がよくない」とため息をついた。

◆イーマートでは外国産比率が50%以上

10日、ソウル蚕室ロッテワールド地下1階のロッテマート水産物コーナー。タコ(中国)、イカ(遠洋)、カレイ(ロシア)、サケ(ノルウェー)、イシモチ(中国)、エビ(エクアドル)、サバ(ノルウェー)…。水産物の原産地はさまざまだ。消費者がよく購入するサバは小さいものが1匹2000ウォン、小さいタチウオ2匹が9000ウォンで、「国産マーク」をつけて体面を維持している。大手スーパーのイーマートの場合、08年に1%だった輸入水産物の比率が昨年初めて半分以上の51.2%となった。

なぜ水産物コーナーが“国際会議場”になったのか。韓国沖の漁業が存廃の岐路に立っている。スーパーの水産物売り場の姿はグローバル化の象徴ではなく、韓国近海漁業の危機の象徴だ。今年2月の朴槿恵(パク・クネ)政権の発足とともに海洋水産部が5年ぶりに復活したが、近海漁業の現実は厳しい。さらに今月末の韓中首脳会談で言及される韓中自由貿易協定(FTA)が妥結する場合、近海漁業を含む韓国水産業は致命傷を受けると予想される。

1960年代初め1500万トン規模だった近海の水産資源量は昨年860万トンに減り、2015年には390万トンまで急減すると推定される。生産量も急減している。96年に160万トンを超えたが、昨年は109万トンに減った。

釜山の国立釜慶大学のキム・スアム教授(資源生物学)は「韓国の近海漁場は事実上ほとんど真空状態」とし「網を調節して禁止時期には漁獲できないように取り締まるなど、小さなことから守っていく必要がある」と述べた。
温暖化・乱獲・中国漁船で荒廃する韓国の漁場(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP