주요 기사 바로가기

韓国政府の創造経済アクションプラン…現場は「内容不足」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.06 14:06
0
成長動力を発掘するための努力も多様化させる。政府研究開発(R&D)投資のうち基礎研究の比重を今年の36%から2017年には40%に拡大して、未来挑戦型の冒険研究事業と革新跳躍型の研究開発事業を通じて創意的・挑戦的な研究を活性化する。また研究者が研究成果を事業化する場合、これを積極支援することにした。地域経済を活性化するために地域別に特化した産業分野に対して創業支援ファンドと連係した技術の事業化を総合的に支援することになる。5000億ウォン(約443億円)規模の未来創造ファンドをつくり創意的なアイディアが市場性の大きな特許につながるように今年中に2000億ウォン規模の特許投資ファンドもつくる。

こうした創造経済実現のための大きな絵が提示されたが、産業現場の雰囲気は明るいばかりではない。セヌリ党の非常対策委員をしたベンチャー企業クラッセスタジオ(classestudio)のイ・ジュンソク代表は「創造経済発表の核心は創業と融合だが、これは業界ではすでに5年前から行ってきた話」として「むやみに教育によって単純なソフトウェア技術者を量産するのではなく、創意性のある人材が適切な保障を得ることができる技術環境生態系を構築するのが重要だ」と話した。

創造経済を活性化するには自由な経済活動が必須だが、規制緩和をはじめとするこの部分についての言及が抜け落ちているという指摘も出ている。KAIST経営大学のイ・チャンヤン教授は「ベンチャーや経済的弱者を選別して過度に保護したり支援する政策は、被害を受ける側が生まれるはずなので経済全体の活力を阻害する恐れがある」と話した。

創意性を伸ばしにくい韓国の文化や教育実態を改善しなければならないという意見も相次いだ。多様な創意的人材を排出するためには現在の千編一律型の学生選抜方式やカリキュラムなどの大学教育を改革しなければならないということだ。ベンチャー広告企業add2paperのチョン・ヘナ代表は「芸術高等学校で自分の主導プロジェクトを遂行したことが大学進学後に創業するのに役立った」として「順位競争・入試中心の韓国社会が、創意性を強調させるよう変化できるかがカギ」と話した。


韓国政府の溑造経済アクションプラン…現場は「内容不足」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP