주요 기사 바로가기

【社説】観光韓国、韓流にふさわしいレベルにしよう

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.22 08:42
0
韓国観光が好機を迎えている。韓流ブームと中国・東南アジアの経済成長という好材料のためだ。外国人訪問者1000万人時代を迎えた今、観光は次世代の韓国を支える主要サービス産業に浮上している。

しかしとにかく誘致しようというどんぶり勘定式の格安団体旅行客の誘致が相変わらず蔓延し、観光韓国のイメージを損なわせている。中央日報が取材した結果、観光地から遠い宿舎、粗末な食事、コミッションを渡すショッピングセンター訪問強要など慢性的な悪習は相変わらずだ。こういう状況では観光を楽しみながら韓国で思い出をつくるのは難しい。国家イメージを汚すほか、韓流で芽生えた韓国への期待感まで失いかねない。

海外旅行会社から原価を割る料金で下請けし、これをショッピングセンターのコミッションなどで埋めようとするため、こうした事態が生じている。文化観光部がコミッションを自制するよう指針を出したが、現場には“馬の耳に念仏”だ。政府は後進国型のコミッション悪習を根絶する強力な方策を用意しなければならない。そうしなければ、観光韓国の足かせとなる安物団体商品の根絶は難しい。

また韓国歴史・文化・自然に対する理解度が高い資質ある観光ガイドを十分に養成する必要がある。現在のように観光客のショッピングを誘導する能力が優れた無資格ガイドが“歴史歪曲”レベルのでたらめな案内をしても、旅行会社から歓迎されるという現実を放置してはならない。このためには処罰基準を含め、無資格ガイドに対する厳格な管理規定を用意しなければならない。

何よりも今は観光客の数に執着せず、観光の品格に焦点を合わせる認識の転換が必要だ。コミッションを受けようと客にショッピングセンター訪問を強要する観光なら、訪問客の数が増えてもいかなる意味もない。今は韓国の自然と都市、韓流と韓食、現代文化と歴史を結合した高品質観光商品を多様に開発する努力が必要だ。政府はこの機会に観光産業を次世代産業に育成するという意志を行動で示さなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP