주요 기사 바로가기

<韓米首脳会談>朴大統領が韓国戦争戦没者慰霊碑を参拝…「彼らの犠牲がなければ…」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.08 13:09
0
6日午後(現地時間)4時30分、米ワシントンのアーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)に21発の礼砲が響いた。黒のスーツ姿の朴槿恵(パク・クネ)大統領は胸に手をあてて戦争犠牲者に敬意を表した。アーリントン国立墓地は、南北戦争、第1・2次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争で戦死した約22万人の米国参戦勇士が安置されているところだ。ジョン・F・ケネディなど元米国大統領の墓地でもある。

オバマ大統領との首脳会談を控えてワシントンを訪問した朴大統領の日程はここから始まった。首脳会談で議論する新しい韓米関係の前提である“血盟”を確認するという趣旨だった。朴大統領のこの日の日程は、52年前の父・朴正煕(パク・ジョンヒ)元大統領の日程と同じだった。朴元大統領も1961年の最初の訪米当時、ワシントンでアーリントン墓地から参拝した。

朴槿恵大統領はアーリントン国立墓地に続き、韓国戦争戦没者慰霊碑(Korean War Veterans Memorial)を訪れた。エリック・シンセキ米退役軍人長官をはじめ、韓米参戦勇士と歴代連合司令官が朴大統領を迎えた。朴大統領は出席者と一人ずつ握手を交わした。両側には太極旗と星条旗を持った儀仗隊が並んでいた。朴大統領は「自由はただではない(Freedom is not free)」と刻まれた記念碑の前で黙とうした。

朴大統領は「大韓民国の大統領として、韓国戦争(1950-53)戦に参戦して犠牲になった方々と歴代司令官に、国民を代表して改めて感謝の意を伝えたい」とし「この方々がいなければ大韓民国の繁栄は不可能だっただろう」と述べた。韓国戦争に参戦した米国と米国人に感謝の気持ちを表示したのだ。

朴大統領はハンナラ党代表当時だった05年にもここを参拝した。朴大統領は「(8年前にも)ワシントン到着後ここに来て、今日も最初にここを訪れた」とし「今年は停戦60周年、同盟60周年ということで、よりいっそう意味深い」と強調した。

朴大統領は「ここは訪問者が年間300万人以上と聞いた」とし「これは韓国と米国の国民がともに韓国戦争をきっかけに自由民主主義の大切さを悟ることになったためであり、生きた歴史だと考える」と述べた。

参拝を終えた朴大統領は慰霊碑公園にある「19人の像」のうち片腕がない彫刻像の主人公がこの日一緒に参拝した米国予備役大佐だという紹介を受けると、「あ…若い頃の姿のようだが…」と、しばらく言葉を続けることができなかった。
<韓米首脳会談>朴大統領が韓国戦争戦没者慰霊碑を参拝…「彼らの犠牲がなければ…」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓米首脳会談>朴大統領が韓国戦争戦没者慰霊碑を参拝…「彼らの犠牲がなければ…」(1)

    2013.05.08 13:09
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領が6日(現地時間)、ワシントンの韓国戦争戦没者慰霊碑を訪れた。朴大統領の左はエリック・シンセキ米退役軍人長官。
    TOP