주요 기사 바로가기

米国保守の大家「ギクシャクした韓日関係が心配」(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.05.06 15:46
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が7日(米国時間)、バラク・オバマ大統領と就任以後初めて韓米首脳会談に臨む。中央SUNDAYは1977年から36年間、米国保守陣営を代表してきたシンクタンク「ヘリテージ財団」総裁として活動し、ワシントン政界に強い影響力を発揮してきたエドウィン・フュルナー博士(72)と今月1日に会った。牙山(アサン)政策研究員(院長ハム・ジェボン)の招きで最近訪韓したフュルナー博士は“米国保守の大家”と呼ばれている。

朴槿恵大統領が議員だった2005年3月、フュルナー博士はバージニアの自宅に朴大統領を招待したことがある。朴大統領を「尊敬する女性であると同時に懇意な友人」と表現した彼は、「今回、首脳会談のためにワシントンへ来たらまた会いたい」と述べた。それとともにオバマ大統領との初首脳会談を控えた朴大統領に助言も惜しまなかった。「韓米同盟は起伏もあったが同盟の未来は明るい。今回の首脳会談は問題を論議する舞台ではなく、同盟60周年の成果を祝う席となるべき」と述べる。

フュルナー博士は「朴大統領が米国の上下院の合同演説の際も、肯定的で未来の展望を明るくする演説をしてほしい」と付け加えた。

--今年は韓米同盟60周年であると同時に朝鮮戦争停戦協定60周年だが、韓半島には相変らず戦争の脅威が存在する。

「韓米同盟はいつになく強固で米国で超党的な支持を受けている。過去50年間、ワシントンから見守っていた韓米関係は、時折危機に面する場合もあった。ジミー・カーター大統領時代には在韓米軍撤収論が起きた。振り返ってみると、緊張緩和の努力をするたびに北朝鮮のせいで失敗した。非合理的な思考をする北朝鮮とは取り引きする方法も別にすべきだ」

--ジョン・F・ケネディは「怖いから交渉するというのは絶対にしてはいけない。しかし交渉そのものを恐れるな」と述べた。非理性的な金正恩(キム・ジョンウン)政権とも交渉をしなければならないが。

「ウィンストン・チャーチルもケネディとよく似たことを言っている。話しすぎても、戦争よりはましだと。ただ、話し合いを進めながらも自分の立場をしっかりと持たなければならない。私が本当に心配していることは、韓半島問題の最も緊密なパートナーである韓日米中のうち、韓日関係がギクシャクしているという事実だ。北朝鮮と直接話し合うにしても、中国を通じて北朝鮮と話し合しあうにしても、韓日米関係をもっと緊密なものにすることが重要だ」

--金日成(キム・イルソン)や金正日(キム・ジョンイル)とは違い、金正恩はラグビーボールのように予測しにくい。

「金正日の存命中に金正恩が後継者になるという確固たる担保がなかった。それで軍部を含めた既得権層を結集して支持を強化するために努力して来た。金正恩政権が予測しにくく心細い状態でこの先ずっと続いていくのか断定できない。同じ民族なのに北朝鮮は王朝支配体制を維持し、韓国はデモクラシーと自を謳歌している韓半島の現実は、アイロニーと同時に世界が注目している現象だ。私は慎重な楽観論者だ。いつかは北朝鮮が変わると控え目に期待する」(中央SUNDAY第321号)
米国保守の大家「ギクシャクした韓日関係が心配」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国保守の大家「ギクシャクした韓日関係が心配」(1)

    2013.05.06 15:46
    뉴스 메뉴 보기
    エドウィン・フュルナー博士。
    TOP