주요 기사 바로가기

【取材日記】過去最大のソウルモーターショー、それでも残念な理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.05 16:10
0
今週末まで京畿道一山の韓国国際展示場(KINTEX)で開催される「2013ソウルモーターショー」は過去最大規模だ。 サッカー場15面の広さの10万2400平方メートル(3万1000坪)に、展示車両は500台を超える。 入場客も多い。

しかし「パパ、あの車の前のお姉さん(コンパニオン)はどうしてあんな格好で立っているの」と尋ねる8歳の息子の質問に、モーターショーを訪れた父親は困惑する。 例年に比べて多くの企業がビキニ姿のコンパニオンの変わりに、専門ファッションモデル(BMW・フォルクスワーゲンなど)や大学生(起亜)、キュレーター(ホンダ)を配置した。 その一方でまだ「露出が多いほど視線を引く」という戦略を選ぶ企業も少なくない。 問題は、主催側が家族を強調しながら大々的な広報をしてきた点だ。 今でもテレビ広告ははっきりと「家族全員で楽しむソウルモーターショー」と宣伝している。

展示車の多くがドアを閉めた“過保護”状態である点も惜しまれる。 入場料1万ウォン(約850円)を出して入っても、観客は駐車された車をのぞき込むように顔を窓に近づけて見なければならない。 自費でパリモーターショーに行くほど車が好きな会社員パク・ジョンウクさん(28)は「海外モーターショーでは数億ウォンのアストンマーティンの運転席にも座ることができるが、ここはベンツAクラスのような小型車もドアを閉めている」とし「インターネットの写真を見るのとあまり変わらない」と語った。

企業側は「ドアに子どもの指が挟まるなど事故が多いうえ、観客がむやみに乗ると車が壊れるおそれもあるため」と説明した。 そして「職員に開けてほしいと話せばいい」と話した。 しかし展示車にもたれて立っているモデルほどに安全要員に情熱を注げば、ドアくらいは開いておいてもかまわないはずだ。

主催側と参加企業は今回のモーターショーについて「観客のレベルが一次元高まった」と評価した。 それだけ観客はモーターショーも一次元レベルが高まることを期待している。 2年ごとに開催されるソウルモーターショーは今回が9回目だ。 2015年には10回目を迎える。 10回目なら、もう少しうまく開催してもよい時期になっているはずだ。

イ・ガヒョク経済部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP