주요 기사 바로가기

スーパーカーと小型車のアンサンブル…2013ソウルモーターショー開幕(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.29 11:57
0
モーターショーは夢の空間だ。言葉だけで聞いていたスーパーカーを実際に見ることができ、乗ってみることも可能だ。一日の幻想ではあるが、多数のスーパーカーを自分のもののように楽しめるチャンスを与えてくれる。しかしモーターショーがますます現実の空間に変貌しているのも事実だ。私たちの生活が豊かになり、輸入車が大衆化したことで、一部のスーパーカーを除いて、実際に自分の車となる可能性もあるからだ。29日に京畿道高陽市の韓国国際展示場(KINTEX)で開幕する2013ソウルモーターショーで初めて公開される車も、この2つのカテゴリーに分かれる。

◇雲の中のスーパーカー

開幕前日の28日、記者に開放されたモーターショー場で目を引いたのは、イタリアのスーパーカーブランド、マセラティだった。マセラティ最高級セダンの新型クアトロポルテが登場すると、カメラのフラッシュが光った。イタリア語「4ドアセダン」という素朴な意味を持つが、性能と価格は決して素朴でない。新型V8エンジンが搭載され、最高出力530馬力、最高速度307キロの強力パワーを誇る。停止状態から時速100キロに到達するのにかかる時間は4.7秒にすぎない。韓国国内では2億1600万ウォン(約1800万円)と2億4500万ウォンの2モデルが販売される予定だ。

パリス・ヒルトンが恋人からプレゼントを受けた車として有名なレクサスのスーパーカーLFAも注目を集めた。500台限定生産ですでに完売したLFAは海外販売価格が4億-5億ウォン。4.8L V10エンジンを搭載し、560馬力、時速100キロ到達時間3.7秒を慢る。

スーパーカーの代名詞ポルシェはニューケイマンSを初めて公開した。原色の黄色だが、違和感は全く感じられない。車の後方の半分を占めるほど大きな空間には325馬力を出す3.4Lエンジンが搭載されている。価格は“比較的”安い9660万ウォン。ポルシェの展示場にはこのほか、911・ボクスター・パナメーラ・カイエンなどドリームカーが並んでいる。

映画「アイアンマン」に登場して有名になったアウディのニューR8 V10スパイダーとニューR8 V10プラスクーペも公開された。プラスクーペは最高出力550馬力、最大トルク55.1kg・mで、時速100キロ到達時間は3.5秒。スパイダーが2億2330万ウォン、プラスクーペが2億2990万ウォン。アウディのブースの隅に配置されたアイアンマンの実物大の模型も視線を引く。

1950-60年代を背景にした映画から飛び出してきたような“オールドスーパーカー”ジャガーEタイプは販売用ではないが、古典的な美貌を慢る。1億8000万ウォンのホンダの二輪車RC213Vバイクも見逃せない。


スーパーカーと小型車のアンサンブル…2013ソウルモーターショ宁開幕(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    スーパーカーと小型車のアンサンブル…2013ソウルモーターショー開幕(1)

    2013.03.29 11:57
    뉴스 메뉴 보기
    ルノーサムスンのコンパクトスポーツ用多目的車(SUV)「QM3」(写真上)とフォルクスワーゲンの小型ハッチバック「ポロ」が韓国で初めて公開された。
    TOP