주요 기사 바로가기

<WBC>今大会で見えたアジア野球の限界(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.19 10:28
0
◇入れ替わったマインド

ドミニカ共和国のペーニャ監督は2次ラウンドで米国を破って準決勝に進出すると、「このように愛国心で団結した代表チームは二度とないだろう」と言いながら涙を見せた。ペーニャ監督の言葉のように、今大会でドミニカ共和国の選手は代表のプライドを持って競技に臨んだ。過去の“バラバラ”というイメージはなかった。

米国のトーリ監督も大会前、「国を代表する気持ちで情熱を持つことが重要だ」と述べ、選手の精神姿勢を強調した。2次ラウンド敗退となったが、米国代表は以前の大会とは違い、積極的で集中力がある姿を見せた。

一方、これまで精神力とチームワークを武器にしてきた韓国と日本は、過去の成績を過信して油断したのが災いを招いた。韓国選手は大会前からあたかも1次ラウンドを通過したかのように、2次ラウンドで対戦する日本戦の話ばかりしていた。1次ラウンド初戦のオランダについて「一発さえ気をつければいい」と言いながら準備し、0-5の完敗に喫した。

日本は1次ラウンド初戦でブラジルを相手に辛勝し、2次ラウンドの台湾戦では敗戦直前まで追い込まれた。プエルトリコとの準決勝でも8回に走塁ミスをするなど、集中力を欠いた姿を見せた。
<WBC>今大会で見えたアジア野球の限界(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP