주요 기사 바로가기

<WBC>韓国の1R敗退など波乱の連続、その3つの理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.13 11:24
0
第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は異変の連続だ。大会前の予想は紙くずとなった。

朴賛浩(パク・チャンホ)JTBC解説委員(40)はWBCを中継しながら、「第1、2回大会は韓国が挑戦する気持ちで臨んだ。今は他の国がもっと激しく挑戦している。今後どうなるかは分からない」と話した。野球の意外性とWBCの不確実性をともに含蓄した言葉だ。

最低4強、内心では優勝を狙っていた韓国代表が1次ラウンドで敗退した後、意外な結果はまだ続いている。WBC2次ラウンド1組では予想通り第1、2回大会の優勝チーム日本が2次ラウンドを通過した。残りのチケット1枚は1次ラウンドで敗退が予想されていたオランダがつかんだ。オランダは8日、キューバを6-2で降して波乱を起こした後、10日には日本に4-16と大敗した。そして11日のキューバ戦で7-6と勝利をおさめた。

海外ブックメーカーのベットウィン(Betwin)は大会前、オランダの優勝確率を16カ国のうち11番目と予想していた。オランダが2度も勝ったキューバは5位タイで、韓国は4位だった。

米国で開催されたD組1次ラウンドでも異変が続出した。優勝候補筆頭の米国が優勝確率14位のイタリアに完敗した。米国はカナダを降してイタリアとともに2次ラウンドに進出した。優勝候補のドミニカ共和国と日本を除いて、すべて苦杯をなめている。予想戦力と実際の結果が高い確率で合うサッカーワールドカップ(W杯)など他の大会とWBCが異なる点だ。

異変の最初の理由は「野球の特殊性」だ。大会に先立ち金寅植(キム・インシク)韓国野球委員会(KBO)技術委員長(66)は「オランダ戦も安心できない。投手1、2人に好投されれば、どうにもならない状況も考えられる」と警告した。それが現実になった。オランダは1次ラウンド初戦の韓国戦に投手力を集中させ、2次ラウンドの2回のキューバ戦でもそうした。投手は毎試合登板できないため、勝ちにいく試合と捨てる試合をはっきりと区別した。

2つ目の理由は「短期戦の特殊性」だ。野球は各リーグを中心に運営されるため、短期戦に慣れていない。プロ選手がWBCのような短期戦で活躍するためには、相手と日程を考慮した戦略が必要だ。韓国は1次ラウンド3勝を狙って力を分散させた。一方、オランダは負ける試合は大敗し、勝ちにいった試合は物にした。

ソン・ジェウJTBC解説委員(47)は「李大浩(イ・デホ、31、オリックス)が大会前、『投手のボールはよく見えているが、体がついていかない』と話していた。それだけ3月はコンディションを高めるのが難しい時期」と説明した。3月に開催される「WBCの特殊性」だ。各プロ選手と各チームは4月のシーズン開幕に合わせて練習する。WBCに向けて早めに準備を始めたとしても、体づくりができないケースが多い。李大浩ら一部の選手は実戦に入って打撃感覚が上がったが、多くの選手は最後まで体が重かった。

韓国が第1回大会で米国、第2回大会でベネズエラを破ったのも異変だった。逆に現実に安住すれば、また異変の犠牲となる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国の1R敗退など波乱の連続、その3つの理由

    2013.03.13 11:24
    뉴스 메뉴 보기
    第3回WBC1次ラウンドで敗退した韓国代表
    TOP