주요 기사 바로가기

米国「北を迎撃するミサイル、アラスカに追加配備」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.18 09:51
0
米国が北朝鮮を最大の脅威国と見なし始めた。ヘーゲル米国防長官は15日午後(現地時間)、ペンタゴンで特別記者会見を行った。

ヘーゲル長官は「北朝鮮の長距離ミサイル技術が大きく発展し、米国本土を脅かしている」とし「北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に備え、西部アラスカにミサイル防衛用迎撃ミサイルを追加で14基配備する」と明らかにした。迎撃ミサイルは2017年までに追加配備される予定で、10億ドルの予算が必要となる。米国の地上発射迎撃ミサイルは現在、西部アラスカに26基、カリフォルニアに4基など計30基が配備されている。

ヘーゲル長官は迎撃ミサイルのほか、高性能早期警報レーダーの弾道ミサイル追跡用TPY-2を日本に追加で配備し、地上発射迎撃ミサイル基地追加建設のための環境影響評価の実施、弾道ミサイルを迎撃できるイージス駆逐艦発射用ミサイルプログラム改革など「ミサイル防衛(MD)網構築」のための4段階措置を発表した。

特に今回の措置は、米国の財政赤字で国防予算が縮小されるため欧州MD計画を当初より縮小するという発表の後に出てきた。ヘーゲル長官は「予想より早く進展した北朝鮮のミサイル脅威を防ぐため」とし「欧州MDにかかる資金を北朝鮮ミサイル対応側に回すことにした」と説明した。


米国「北を迎撃するミサイル、アラスカに追加配備」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP