주요 기사 바로가기

日本系スーパー、韓国南部の商圏を徐々にのみ込む(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.15 11:10
0
14日午後、釜山市海雲台区佐洞のスーパーマーケットチェーン「トラボックス(Tra box)」。昼の時間帯も客は絶えなかった。198.3平方メートル(60坪)の店には約2万個ほどの生活用品が並んでいる。インテリアがない倉庫型という点が一般スーパーマーケットと違う点だ。

主婦のキム・ジソンさん(48)は「スリッパ一つが1600ウォン(約140円)と、大型マートや企業型スーパーマーケット(SSM)の半分にしかならないのでよく来る」と話した。スーツ姿のホン・スンピョさん(44)も「食品や衣類、事務用品まで、何でもそろっている」と語った。

周辺の商店は閑散としている。トラボックスから40メートル離れたところでコンビニを経営しているチェ・ドンウさん(28)は「トラボックスができてから、一日の売り上げが80万ウォンから40万ウォンに減った。3年後に契約期間が終われば店を閉める」と話した。付近の別のコンビニは4カ月前に閉鎖した。

「365日地域最低価格」戦略を強調する日本スーパーマーケットチェーンが釜山・慶尚南道など南部に上陸し、地域商圏に進入している。トラボックスを運営する企業(株)トライアルコリアは日本・福岡に本社があるトライアルカンパニーが60%の株式を保有している。トライアルカンパニーは日本で131店を運営し、年間売上高3兆3000億ウォンのスーパーチェーン企業。

 
日本系スーパー、韓国南部の商圏を徐々にのみ込む(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP