주요 기사 바로가기

世界選手権に向かうキム・ヨナ、「浅田真央との比較は負担」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.10 12:28
0
フィギュアスケートのキム・ヨナが王冠を取り戻しに出る。キム・ヨナはカナダ・オンタリオ州で行われる世界フィギュアスケート選手権に参加するため10日午前に仁川(インチョン)空港を出発した。

キム・ヨナは2014年のソチ冬季五輪のチケットがかかった今回の大会に先立ち、「後輩にも五輪に出られる機会を与えたい。出場券は最低2枚は取ってくる」と覚悟を明らかにした。

キム・ヨナはライバルの浅田真央との比較については、「プレッシャーだ」と率直にさらけ出した。キム・ヨナは、「復帰してから私は浅田真央について話したことはないが、周辺でそのような話をするので私も負担を感じないわけにはいかなかった。避けることはできない部分だ。浅田真央も最善を尽くし、私も最善を尽くすだろう」と話した。

キム・ヨナが出場する世界選手権女子シングルショートプログラムは15日、フリープログラムは17日に開かれる。

――久しぶりの世界選手権出場だ。

「最も重要な大会が残った。久しぶりに世界選手権大会に出場するが、大きな競技場で競技するのになじめないか心配もしている。それでもソウルで開かれた国内選手権で多くの方々の前で競技も行い、大きなミスもなく競技を終えた。準備した通りにすれば良い結果があるだろうと考える」

――2014年のソチ五輪出場券がかかっている。

「私がどれだけやるかにより出場券の数が変わる。最低2枚は取り、私1人でなく後輩に五輪に行く機会を与えたい。3枚取れればもっと良いが人のやることはわからないのではないのか。大きな期待はしないで気軽にやりたい」

――浅田真央と2年ぶりに正面対決する。浅田が最近200点を超えて勢いに乗っているが。

「申し上げた通り期待せずに気軽にしようと思うが人は欲が出る。浅田真央が復帰した後に私は浅田真央の話をしたことはないが、周辺で比較をされるとそうした点で負担を感じないわけにはいかない。それでも避けては行けないものと考える。これまで浅田真央ら他の選手といつも比較をしてきた。いつもそうだったように浅田真央も最善を尽くし、私も最善を尽くすだろう」

――これまでは小さな大会に出た。今回は真剣勝負だがコンディションはどうか。

「小さい大会から始め、結果も悪くなかった。今回が大きい大会だからと心配はしていない。コンディションはシーズンを遅く始めたので、ミスを減らすのに焦点を合わせた。そうした点では大いに良くなった。しかしいつもそうであるように緊張など心理状態が重要だ。機会は一度だけだ。ミスすることもありえるが異変がなければうまくできると考える」

――プログラムの完成度はどの程度か。バンクーバー五輪と比較し体の状態はどうか。

「プログラムはシーズン後半にいくほど体が慣れてきて完成度が高まる。プログラム構成は大きく変わらないが、スピンステップに気を遣った。スピンは実戦で回転数を満たせなければレベルが落ちる。スピンステップの場合、少しの油断がレベルを一気に引き下げるのでそうしたことを逃さないようにする。コンディションは五輪の時といまの私を比較することはできないようだ。あの時と違い体力的に非常に厳しい。いま私がやれる最善を尽くした」

――世界選手権に立ち向かう覚悟は。

「カナダは第2のホームタウンのようなところだ。長く滞在したし大会も何度も行った。不慣れなところよりはましではないかと思う。久しぶりに行くだけに心もはらはらしている。準備した分だけ発揮できるように最善を尽くしたい」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界選手権に向かうキム・ヨナ、「浅田真央との比較は負担」

    2013.03.10 12:28
    뉴스 메뉴 보기
    世界選手権出場のため仁川空港から出発するキム・ヨナ。
    TOP