주요 기사 바로가기

<フィギュア>浅田真央の歓呼…「トリプルアクセル、バンクーバー当時よりよい」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.02.12 14:33
0
トリプルアクセルに成功した浅田真央(23、日本)がようやく喜びを取り戻したと語った。

日本のスポルティーバは11日、「浅田真央が4大陸選手権大会のショートプログラムで大技(トリプルアクセル)を成功させた後、勝利のポーズを見せた。 久しぶりに喜ぶ姿を見られた」と伝えた。続いて、「今季4戦4勝しても喜びは半分しかなかった。 トリプルアクセルはバンクーバー五輪よりもさらに質が良くなっている」という浅田真央の言葉を伝えた。

浅田真央は10日、大阪で開催された2013国際スケート競技連盟(ISU)4大陸選手権大会女子シングルで、合計205.45点(ショート74.49点、フリー130.96点)をマークして優勝した。 キム・ヨナが昨年12月のドイツNRW杯でマークした今季最高点(201.61点)より3.84点高い。

シーズンベストよりも注目を受けたのはトリプルアクセルの成功だ。 浅田は9日に行われたショートプログラムでトリプルアクセルに挑戦して成功した。 浅田が公式大会トリプルアクセルに成功したのは、2011年の4大陸選手権大会以来2年ぶりとなる。

トリプルアクセルは浅田真央の武器であると同時にアキレス腱だった。 トリプルアクセルでミスをすると、他のジャンプなど全般的に演技が不安定になった。 昨季トリプルアクセルが一度も成功しなかった浅田は、2012世界選手権大会で屈辱を味わった。 浅田は世界選手権のフリーでトリプルアクセルなど7つのジャンプのうち6つでミスした。

浅田は今季、トリプルアクセルを跳ばなかった。 安定した技でプログラムを構成した浅田はグランプリ(GP)大会でファイナルを含めて3回優勝したのに続き、日本選手権でも1位になった。 それでも浅田は「トリプルアクセルを練習している。 もう大会で挑戦するレベルになった」と大技に挑む意向を繰り返し明らかにした。

4大陸選手権でトリプルアクセルに成功した浅田は大会後、「最高レベルに挑戦するのが目標だった。 今はそれができてうれしい」とし「バンクーバー五輪当時よりもトリプルアクセルの質が良くなっている。 トリプルアクセルに自信がある」と語った。

浅田は3月にカナダ・オンタリオ州ロンドンで開催される世界選手権大会で、復帰した“フィギュアクイーン”キム・ヨナ(23)と競う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>浅田真央の歓呼…「トリプルアクセル、バンクーバー当時よりよい」

    2013.02.12 14:33
    뉴스 메뉴 보기
    浅田真央(23、日本)。
    TOP