주요 기사 바로가기

最高2倍速いギャラクシーS4、オクタコアを韓国初採用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.05 11:17
0
サムスン電子の次期スマートフォン「ギャラクシーS4」に韓国で初めて「オクタコアプロセッサ」が搭載される。サムスン電子関係者は4日、「米国で14日に公開されるギャラクシーS4はオクタコアフォンだ」と明らかにした。

同関係者は、「ただしギャラクシーS3が韓国と欧州でクアッドコア、北米でデュアルコアで発売されたように、ギャラクシーS4も地域によりオクタコアとクアッドコアに分かれるだろう」と伝えた。

スマートフォンの「コア」はプロセッサに入った処理回路の個数を現わす。オクタコアは処理回路が8個で、クアッドコアの4個に比べ理論的には処理速度が最高2倍速い。代わりにそれだけ電力消費は増える。サムスン関係者は「これを解決するためにギャラクシーS4に高性能コア4個と低性能コア4個を組み合わせる“ビッグリトル方式”を採用した」話した。ゲームや動画のようにコンテンツは高性能コア、ウェブサーフィンのような単純作業は低性能コアを使うようにし性能とバッテリーの問題を同時に解決したという説明だ。

 
これと関連し、IT専門オンラインメディアの「サムモバイル」と「フォーンアリーナ」には4日、ギャラクシーS4と推定される端末をスマートフォン性能測定プログラムである「Antutu」でテストした結果が公開され関心を引いた。これによるとギャラクシーS4には1.8GHzの速度で動作するエクシノス5410オクタコアプロセッサと5インチフルHD(1920×1080解像度)ディスプレー、2ギガバイトのメモリー、1300万画素のカメラが入っている。以前の製品と同じように機器下段にホームボタン、メニュー、戻るのボタンがある。サムモバイルはギャラクシーS4が欧米式第3世代移動通信サービスと4Gロングタームエボリューション(LTE)をひとつの端末ですべて対応すると推定した。地域別で別途のモデルを出したこれまでとは違い、サムスンのスマートフォンで初めて世界のどこでも同じ端末を使うことができるようになった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP