주요 기사 바로가기

<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(1)…「あの時のあの本塁打とバント」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.02 15:50
0
「ああ。またその話? あの瞬間は体の重心が下半身に残っていた。だから打球が曲がらずそのまま…」。

韓大化(ハン・デファ)起亜2軍監督(53)は「あの時のあの本塁打」について今でもよく質問を受ける。初めて会った記者からも、屋台の隣の客からも、1982年9月14日のことについて尋ねられる。第27回ソウル世界野球選手権大会。日本との優勝決定戦で、眼鏡をかけた細身の打者が放った8回の逆転3ランは、まだ韓国人の胸の中を飛び回っている。その後、韓大化はヘッテとLGの4番打者として活躍し、昨年までハンファ監督を務めたが、オールドファンの胸に長く響いているのは、ソウル蚕室球場の左翼ポールに当たったあの時の一発だ。

「あれはサインミスじゃないって。自分の判断でバントをしたんだって。自分も知らないうちに体がピョンと浮いて…」。

韓大化の本塁打が出る直前には、金在博(キム・ジェバク)元LG監督(59)の“カエルバント”があった。1-2とリードされた一死三塁から、日本のバッテリーがスクイズを予想して外角に外した。その瞬間、金在博は大きくジャンプし、ベースから遠く離れたボールにバットを当てて同点にした。この妙技のようなバントは、当時の魚友洪(オ・ウホン)監督のサインを金在博が見間違えたと伝えられたが、金在博はまだこれを否定している。名遊撃手で、現代を4度も優勝に導いた監督だったが、金在博最高の瞬間はやはりカエルのよう跳んだ時だった。
<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(2)…「否定できない実力差」

<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(3)…戦争のような韓日戦

<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(4)…第3回大会は両リーグ比較の機会


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP