주요 기사 바로가기

<WBC>韓日戦の隠れた法則

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.02.22 10:28
0
韓国と日本が第1・2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で対戦した試合数。奇形的な大会方式のため、第2回大会はなんと5試合もあった。06年第1回大会では韓国の2勝1敗、09年は日本の3勝2敗だった。合わせると4勝4敗。ライバルにふさわしい接戦だ。

WBCの韓日戦には“法則”が存在する。1点差の勝負はすべて韓国の勝利。韓国は06年アジアラウンド(3-2)、決勝ラウンド(2-1)と、ともに1点差で勝った。09年第1ラウンドの順位決定戦では1-0で勝った。

一方、1チームが5点以上得点した試合はすべて日本の勝利に終わった。第1・2回WBCで指揮官を務めた金寅植(キム・インシク)韓国野球委員会技術委員長が「日本戦は失点を減らさなければいけない」と助言する理由だ。

韓国にはきつい最後の法則。WBCの最後の対決ではいつも韓国が敗れた。第1回の準決勝戦(0-6)、第2回の決勝戦(3-5)で、韓国は惜敗した。このため第3回WBC韓国代表の目標は「日本との最後の対戦で勝つ」ことだ。
【特集】2013ワールド・ベースボール・クラシック


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓日戦の隠れた法則

    2013.02.22 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で対戦する韓国と日本。
    TOP