주요 기사 바로가기

<WBC>貧打に戻った日本代表、3連覇挑戦に“暗雲”

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.02.27 17:27
0
26日、阪神-日本代表の強化試合。 京セラドーム大阪の日本代表の電光板に0が9つ並んだ。 日本打線は3安打に終わり、0-1で敗れた。 24日の豪州戦の猛打が嘘であったかのように沈黙し、山本浩二監督(67)の表情は曇った。 メディアとファンも失望感を隠せなかった。 日本代表がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)3連覇挑戦に垂れ込めた暗雲を振り払えずにいる。

◇貧打に戻った打線

日本は17日の広島戦から計4回の強化試合を行った。 強化試合の成績は2勝2敗。 広島に0-7で敗れたが、23、24日の豪州戦は3-2、10-3で逆転勝ちした。 特に24日の豪州戦では長短13安打で10-3と大勝し、前の2試合で3安打、4安打に終わった打線が活気づくような雰囲気だった。

しかし26日の阪神戦でまた貧打に戻った。 豪州戦で通用した会心の打順変更カードも力を発揮できなかった。 山本監督は24日の豪州戦で1番・坂本勇人(24、読売)-3番・内川聖一(30、ソフトバンク)-5番・長野久義(28・読売)と組んで成功した。 その前の試合では坂本が3番、内川が5番、長野が1番だった。 新しい打線でトップ打者の坂本は安打と四球で3回出塁し、内川は5打数3安打、長野も初安打をマークした。 しかし3人の打者は阪神戦で1本も安打を打てず、1番から5番までノーヒットに終わった。

◇「練習試合とはいえ、大丈夫?」

日本は強化試合4試合で13得点に終わった。 特に24日の阪神戦に登板した投手は、先発のメッセンジャー(32)を除いて昨年1勝もしていない。 コーチングスタッフと選手団も打線不振の深刻性を認めた。 山本監督は試合後15分間、緊急会議を開いた。 山本監督は「打者が焦っている。 力みすぎている」と話した。 立浪打撃コーチ(44)は「もう一度基本に戻らなければいけない」と強調し、主将で4番打者の阿部慎之助(34、読売)は「打撃が良くなる兆しが見えない」と語った。

日本メディアは「開幕が迫る中、不安だけを残した」と酷評した。 ファンも「練習試合とはいえ大丈夫か」「相手が米国や韓国ならぞっとする」と心配している。

日本は第1回大会、打率3割1分1厘で全体トップだった。 第2回大会では打率2割9分9厘で5位に終わったが、準決勝進出国では2番目に高かった。 救援投手は好投しているが、エースの田中将大(25、楽天)、前田健太(25、広島)がまだ本調子でない状況で、打線まで沈黙している点は大きな心配だ。

日本は28日に昨年のチャンピオン読売と対戦した後、3月2日にブラジルと第1ラウンド初戦を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>貧打に戻った日本代表、3連覇挑戦に“暗雲”

    2013.02.27 17:27
    뉴스 메뉴 보기
    日本代表がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)3連覇挑戦に垂れ込めた暗雲を振り払えずにいる。
    TOP