주요 기사 바로가기

<WBC>初戦のオランダ戦、韓国エース尹錫ミンが先発に内定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.25 11:58
0
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表が初戦に“オールイン”する。韓国代表はエースの尹錫ミン(ユン・ソクミン、27、起亜)をWBC第1ラウンド初戦のオランダ戦(3月2日)の先発に内定した。

尹錫ミンは24日、台湾で行われた韓国新生球団NCダイノスとの練習試合に先発し、3回を2安打・1奪三振で無失点に抑えた。19日の初のNC戦(3回を5安打・2奪三振で無失点)に登板した時より制球力が良かった。WBC韓国代表は尹錫ミンの好投、李大浩の2打席連続本塁打などで4-1で勝ち、NCとの練習試合を2勝2敗で終えた。

柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督(50)は「先発投手は尹錫ミン、張ウォン三(チャン・ウォンサム、30、サムスン)、張元準(チャン・ウォンジュン、28、警察野球団)、宋勝準(ソン・スンジュン、33、ロッテ)、徐在応(ソ・ジェウン、36、起亜)の5人を考えている」と述べた。

楊相ムン(ヤン・サンムン)首席コーチ(52)は「オランダ戦の先発は尹錫ミンを考えている。初戦が重要なので、最もうまく投げる投手に任せなければいけない」と話した。楊コーチは「尹錫ミンが4回まで抑え、打線が3、4点取れば、その後はよい流れになりそうだ」と期待を表した。

尹錫ミンのオランダ戦先発は第2ラウンドも念頭に置いたものだ。尹錫ミンがオランダ戦で投げれば、第2ラウンド初戦が行われる8日に登板できる。第2ラウンド初戦に勝てば韓国代表の4強進出の確率はさらに高まる。

日本代表も同じ理由から、初戦のブラジル戦(3月2日)にエースの田中将大(25、楽天)を登板させる予定だ。
【特集】2013ワールド・ベースボール・クラシック


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>初戦のオランダ戦、韓国エース尹錫ミンが先発に内定

    2013.02.25 11:58
    뉴스 메뉴 보기
    韓国代表のエース、尹錫ミン(ユン・ソクミン)。
    TOP