주요 기사 바로가기

中国が前進配置した空母、韓半島全域が作戦圏に(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.28 09:00
0
原子力潜水艦は最新型攻撃用潜水艦である093型商級(排水量8000トン級)原子力潜水艦が参加するものと観測される。ここに昨年12月に成功した艦載機離着陸訓練も実施する見通しだ。事実上空母戦団構成に向けた初めての訓練であるわけだ。

中国海軍軍事学術研究所の李杰研究員は、「遼寧の場合、すでに空母船団構成に向け難しい訓練をほとんど成功裏に終えたので遅くとも2年以内に船団構成が終えられるだろう」と話した。遼寧は西海での訓練が終われば大連に帰港せず青島港に向かい停泊する予定だ。

軍事専門家によると、空母の母港になるには水深25メートル、港湾水域面積は500万平方メートル以上でなければならない。また、船舶の出入りする水路の幅は400メートル以上なければならず、周辺に島が多く空母を隠すのに有利な条件が必要だが、青島港はこのすべての条件を満足させるということだ。

海軍専門家である劉江平氏は、「空母艦隊の母港をどこにするかの問題は国家戦略の核心事案なので多角的に考慮しなければならない。このような条件を考慮すると最も適合した母港は青島港だ」と分析した。これに先立ち中国メディアは遼寧の母港として海南島の三亜港と青島港が最も有力だと分析していた。
中国が前進配置した空母、韓半島全域が作戦圏に(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP