주요 기사 바로가기

<WBC>韓国代表、このままでよいのか…本当に歴代最強打線?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.02.28 17:29
0
“歴代最強”という評価を受けた第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表の打線だが、本当に大丈夫なのか。開幕が2日後に迫っても、期待された迫力が見えず、心配が深まっている。

韓国代表は27日、台湾で台湾軍人選抜と強化試合を行い、0-1で敗れた。 台湾プロ野球チームに比べて戦力が大きく劣り、強化試合の相手にふさわしくないという意見が多かったが、試合が終わってみると大恥をかいた。 台湾軍人選手に韓国代表の打線はわずか3安打に抑え込まれた。

◇ドリームラインアップ…しかし1試合2.2点

韓国代表は柳賢振(リュ・ヒョンジン、LAドジャース)、奉重根(ボン・ジュングン、LG)、金広鉉(キム・クァンヒョン、SK)ら主軸投手の不参加で投手陣が悩みだった。 李承ヨプ(イ・スンヨプ、サムスン)、李大浩(イ・デホ、オリックス)、金泰均(キム・テギュン、ハンファ)、李容圭(イ・ヨンギュ、起亜)、金賢洙(キム・ヒョンス、斗山)ら国際大会の経験が豊富な選手で構成された打線は“歴代最強”という評価を受けた。 実際、崔廷(チェ・ジョン、SK)、姜珉鎬(カン・ミンホ、ロッテ)、姜正浩(カン・ジョンホ、ネクセン)など、所属チームで打線の核になる選手が、代表チームでは下位打順に配置されるという夢のようなラインアップだ。

しかし韓国代表選手のバットから快音が聞こえてこない。 韓国代表は韓国新生球団NCダイノスとの強化試合で2勝2敗、その後、台湾軍人選抜に1敗した。 問題は5試合の合計得点が11点という攻撃力だ。1試合当たりの平均得点はわずか2.2点。 NCと台湾軍人選抜に1回ずつ0-1の零封を喫した。1-2の敗戦もある。 李大浩(イ・デホ)が本塁打2発を放った試合も4得点に終わった。

◇不安? 問題なし?

13日から台湾で合宿を始めて半月が過ぎた。 選手は所属チームのスプリングキャンプを経て実戦感覚を高めてきたが、まだ豪快な打撃力は見られない。 2日後には大会が開幕する。 3月2日にオランダ戦を控え、チーム打線が沈黙している点は非常に心配される。 1、2選手の打撃不振ではなく、打線全体が湿っている点も不安だ。 柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督は27日の敗戦後、インタビューも拒否するなど、深刻な雰囲気であることを表した。

現地でNCとの強化試合を見た韓国野球委員会(KBO)の金寅植(キム・インシク) 技術委員長は「打者がまだ変化球に対処する能力が足りない」と話した。 変化球の対処能力がまだシーズン中ほど上がっていないため、140キロ半ばの直球にもバットが遅れている。 27日の台湾軍人選抜戦で相手の先発投手は最高144キロの直球を投げた。

しかし前向きな見方もある。 専門家は「打撃にはサイクルがある。 勢いが下がってからまた上がる」と話す。 打者が投手を相手に打席に入った回数も少ない。 選手は3-5試合に出場し、ほとんどの打者はまだ20打数に達していない。

27日の試合で2安打を放った金賢洙(キム・ヒョンス)は「移動のため選手は疲れていた」と話した。 選手は試合のために台中からバスで1時間半ほど移動した。 シーズン中はほとんど宿舎から30分以内に競技場に到着するため、そのリズムに慣れている。 相手を軽視する心理もあった。 「アマチュアが相手か」と油断した状態で試合に臨んだ面もある。 選手には実戦でなく練習試合という思いがまだどこかに残っている。 本戦では集中力が変わる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国代表、このままでよいのか…本当に歴代最強打線?

    2013.02.28 17:29
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ)、金泰均(キム・テギュン)、李承ヨプ(イ・スンヨプ)
    TOP