주요 기사 바로가기

<サッカー>信頼できる日本選手? 広がる韓日欧州組の差(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.02.05 10:28
0
今シーズン欧州舞台でプレーする韓国サッカー選手にうれしくないトレンドが出てきた。“大量降格危機”だ。

朴智星(パク・チソン、31)と尹錫栄(ユン・ソクヨン、23、以上QPR)はイングランドプレミアリーグで最下位だ。スペインの朴主永(パク・ジュヨン、28、セルタ・ビーゴ)は18位、ドイツでプレーしている具滋哲(ク・ジャチョル、24)と池東源(チ・ドンウォン、21、以上アウクスブルク)は17位。ドイツのグロイターフルト(18位)のパク・ジョンビン(19)、ドイツ2部リーグのザントハウゼン(17位)のユン・ジュテ(23)まで含めると、計7人が降格危機にある。

日本選手は韓国選手と対照的だ。今季マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に移籍した香川真司(24)はプレミアリーグ1位にいる。長友佑都(27、インターミラン)、細貝萌(27、レバー・クーゼン)、乾貴士(25、フランクフルト)も各リーグの上位チームでプレーしている。所属クラブの成績で、韓国選手は日本選手より劣るしかない。

韓国はビッグクラブ所属の選手がいない。朴智星がマンUを離れてQPRに移籍した後、ビッグクラブ所属選手は出ていない。それだけではない。韓国の欧州組は日本に比べてはるかに少ない。現在、日本の欧州組は28人で、韓国の欧州組(14人)の2倍だ。
<サッカー>信頼できる日本選手? 広がる韓日欧州組の差(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>信頼できる日本選手? 広がる韓日欧州組の差(1)

    2013.02.05 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星(パク・チソン、31、左)と尹錫栄(ユン・ソクヨン、23、以上QPR)。
    TOP