주요 기사 바로가기

中国白酒から環境ホルモン…業界は1年以上も隠蔽

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.21 15:46
0
中国の低質食品恐怖が酒類にまで広がっている。 中国の代表的な白酒から基準値の最高8倍にのぼる内分泌撹乱物質(環境ホルモン)が検出されたが、関連業界はこれを是正せず1年以上も隠蔽してきたことが明らかになった。

中国財経新聞の電子版「21世紀網」は19日、中国酒類協会が昨年6月、市中に流通する白酒のサンプルを確保して検査した結果、可塑剤の含有量が最高2.32ミリグラム/キロ、最低0.495ミリグラム/キロ、平均0.537ミリグラム/キロ検出されたと報じた。 昨年6月に中国衛生部が公布した食品添加剤関連法は可塑剤許容値を0.3ミリグラム/キロ以下と規定している。 したがって、中国のすべての白酒に基準値以上の可塑剤が含まれていて、可塑剤の含有量は基準値の最高8倍、平均でも2倍になるということだ。 可塑剤含有量は高級白酒であるほど高かった。

協会は昨年12月、こうした事実を酒類会社に伝え、可塑剤の使用を中止し、食品の安全に注意するよう要求したが、検査の結果を一般に公開することはなかった。 中国酒類業界のある関係者は「酒の口当たりや色を良くするためにさまざまな成分の添加剤を使うのは公然の秘密」と話した。

「21世紀網」は、協会の調査後、可塑剤の含有を確認するため、最近、酒鬼の成分分析を上海天祥品質技術検査所に依頼した結果、3種類の可塑剤が検出され、うちフタル酸ジブチル(DBP)は基準値の3.6倍にのぼる1.08ミリグラム/キロだったと伝えた。 湖南省吉首市付近で生産される酒鬼は強い香りが逸品として中国10大銘酒に選ばれる。 酒鬼だけでなく、他の白酒も可塑剤過剰含有の可能性が高い状況だ。

酒鬼側はすぐに反論した。 酒鬼社の范震副総経理は「政府の酒類品質検査標準には可塑剤含有量基準値条項がないため、基準値の3.6倍という報道は成立しない」と主張した。 酒鬼社の別の関係者も「衛生部が提示した基準値は公認されたものではなく、可塑剤含有量の身体副作用については国家級専門家の検証が必要な事項だ」と述べた。 また「外国酒の場合、中国の白酒より多くの可塑剤が含まれている」と主張した。

中国深セン取引所に上場している酒鬼社の株式取引は19日と20日、全面中断された。 また19日に中国の代表銘酒・茅台の株価は4.61%、韓国人が好む水井坊は7.09%、五糧液は5.82%下落した。 株価の暴落でこの日、白酒関連企業の時価総額は328億元も減少した。

一方、中国産白酒はこの1年間、4950トン(32億ウォン)分が韓国に輸入されている。

◇可塑剤=プラスチックやゴムに添加し、分子間の力を弱めて柔軟性と弾性、接着性を高める有機化合物。 内分泌系撹乱物質で、毒性はプラスチック製造に使われるメラミンの20倍にのぼる。 長期間過剰摂取する場合、男性は生殖機能の喪失、女性は早熟現象と免疫システムの崩壊につながる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国白酒から環境ホルモン…業界は1年以上も隠蔽

    2012.11.21 15:46
    뉴스 메뉴 보기
    中国酒「酒鬼」。
    TOP