주요 기사 바로가기

日中観光客に変化? MCMがルイ・ヴィトンより売れるワケとは(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.16 14:44
0
中国人観光客が今年よく購入した化粧品は雪花秀(ソルファス)・ヘラ(HERA)・ラネージュ(LANEIGE)とリリコス(LIRIKOS)で、 日本人はエチュードハウス(ETUDE HOUSE)だった。 中国人が最もよく購入したファッションブランドは韓国ブランドのMCMで、昨年1位だったルイ・ヴィトンを抜いた。 最近、外国人ショッピング客600万人を超えたロッテ免税店が、観光客が購入した製品をブランド別に分析した結果だ。

今年韓国を訪問した累積観光客は10月末まで947万人。 うち60%以上が観光客がロッテ免税店を訪れたということだ。 ロッテ免税店のデータは購買者の旅券で購入データが入力されるため、外国人ショッピングデータのうち最も正確で、最も規模が大きい。

中国人と日本人がよく購入したブランドをみると、化粧品は韓国ブランドの中低価製品、ファッションは海外ブランド品が人気だ。 中国人に最も好まれている雪花秀などアモーレパシフィックの製品は売上高の80%が中国人観光客が占めた。 最も人気の製品は潤燥エッセンスだった。

中国人が選むブランドの場合、エスティローダーが昨年の4位から今年6位に、クリスチャンディオールが昨年の6位から8位に、ランコムが昨年の7位から10位に落ちるなど、外国ブランドの化粧品の順位が国産ブランドに押し出された。 2位はミシャで、3位は昨年トップ10位に入っていなかったイニスフリーだった。日本ショッピング客が今年最もよく購入したトップ10ブランド2-5位はトニーモリー、ミシャ、ザフェイスショップ、ネイチャーリパブリックの順だった。 昨年8位だったMACはトップ10位から外れ、オフィ(O HUI)、后、スム、ビリーフなどLG生活健康の製品が10位内に入った。 このように国産化粧品が人気を集め、ロッテ免税店の国産品売上高増加率は10月末基準で前年比60%となった。 国籍別には中国人向けの売上高が150%増、日本人向け25%増だった。
日中観光客に変化? MCMがルイ・ヴィトンより売れるワケとは(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日中観光客に変化? MCMがルイ・ヴィトンより売れるワケとは(1)

    2012.11.16 14:44
    뉴스 메뉴 보기
    ロッテ免税店の外国人買い物客。
    TOP