주요 기사 바로가기

靖国放火犯の家族史、韓日中近現代史の縮小版

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.15 09:42
0
出所を控えた中国人の劉強服役囚(38)の身柄処理が韓日中外交の“深刻な問題”に浮上した。領土をめぐる葛藤と過去の問題に続き、3カ国の外交葛藤をさらに悪化させる火種となる状況だ。韓国政府が劉服役囚を法に基づいて処理するには、考慮すべき変数があまりにも多い。

中国広東省広州で英語の講師、心理療法士として働いていた劉強服役囚は昨年10月、「東日本大震災の被災者を支援する」としてボランティアのために日本に入国した。劉服役囚の交際女性も日本人という。

劉服役囚は昨年12月26日午前4時15分、東京の靖国神社に放火し、その当日に韓国に入国した。そして1月8日、ソウルの駐韓日本大使館に火炎瓶を投げ、現場で捕まった。劉服役囚は警察の調査で、「60年も過ぎても日本政府が過去の歴史を認めず責任も取ろうとしないことに怒りを感じた」と犯行の動機を明らかにした。

 
植民地時代に祖母が日本軍によって中国南部に連れて行かれ、慰安婦生活をしたと述べた。靖国神社に放火した日も祖母の誕生日を選んだという。祖父は抗日運動をし、拷問を受けて死亡したと語った。

日本大使館の前で逮捕された劉服役囚は5月23日、ソウル中央地裁で懲役10月を言い渡された。ソウル中央地裁は「犯行が未遂に終わり、特別な被害はなかった」とし、比較的寛大な処罰をした。劉服役囚は控訴したが、8月にソウル高裁で一審の量刑が確定した。

来月初めに刑期を満たせば、韓国政府の司法処理手続きは終了する。引き続き韓日犯罪人引き渡し条約に基づき、劉服役囚の身柄を日本に引き渡すかどうか、韓国司法府が判断する手続きが残っている。

問題は法に基づいて外交的な負担が大きいという点だ。年初に張シン森駐韓中国大使が外交通商部の当局者に対して劉服役囚の善処を要請し、7月に訪韓した孟建柱中国公安部長も金星煥(キム・ソンファン)韓国外交部長官、権在珍(クォン・ジェジン)法務部長官に会い、劉服役囚の身柄問題を取り上げた。中国政府は劉服役囚の事件を単なる放火ではなく、日本の過去の歴史と関連し、政治的な意味を与えている。

韓国国内の一部の社会団体もこれと似た見解だ。これが韓国政府に少なくない圧力として作用しているというのが、外交関係者の分析だ。韓国政府の当局者は「単に条約に基づいて日本に引き渡せば、国内の慰安婦関連市民団体が反発し、中国に送れば中国の圧力に屈したという誤解が生じる可能性がある」と述べた。

これを考慮し、法務部は一時、劉服役囚に難民の地位を付与することを検討したが、要件を満たさないという暫定結論を出したという。また学界の一部は、劉服役囚を政治犯と認めて釈放した後、中国に送ることを政府に提示したと伝えられた。政治犯は犯罪人引き渡し条約の適用を受けない。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP