주요 기사 바로가기

3年ぶりに閣僚参拝、靖国前に極右派は気勢を上げる(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.16 10:55
0
終戦67周年を迎えた15日、日本東京の靖国神社。民主党政権以降、最近数年間静かだった極右勢力はこの日は勢いが強かった。軍国主義を象徴するさまざまな旗が翻った。神社に入る入口には午前8時ごろから「愛国党」「皇愛特攻」などの揮ごうが入った右翼団体の車両が拡声器で軍歌を流し始めた。

一般参拝路右側にある貴賓参拝路付近で突然カメラのフラッシュが光り騒々しくなった。政府閣僚である松原仁国家公安委員長が2009年民主党政権スタート以来初めて閣僚参拝に乗り出したのだ。あちこちで拍手が沸き起こった。参拝を終えて出てきた松原は「私的な参拝だ。1人の日本人として自身の信条に従ったこと」と述べた。それとともに参拝署名欄には「臣 松原仁」と書いた。ここで「臣」は王の臣下という意味で、大臣の身分で参拝したことを明確にしたのだ。彼はまた、記者たちに突然「李明博(イ・ミョンバク)大統領の最近の発言は「礼を失した発言だ」と強く非難した。

19世紀後半以降、各種戦争で亡くなった約246万人を軍神として祀る宗教施設である靖国神社。太平洋戦争A級戦犯14人も合祀されているここは「軍国主義の象徴」と呼ばれる。そしてここはこの日、日本右翼のお祭り広場になった。午前9時30分。旭日昇天旗や日章旗を翻し10人余りの短髪の青年たちが参拝所に集まった。頭を下げて参拝を終えた青年たちは突然「天皇陛下、万歳」を叫び始めた。すぐに続いて「大日本帝国海軍」マークが鮮明な昔の海軍軍服を着た老人10人あまりがラッパを吹きながら近づいてきた。そのそばでは「救国会」という名前の右翼団体会員たちが軍歌を歌った。

他の見方をすれば馴染みのある「8・15靖国」の風景だった。だが、今年は微妙に感じが違った。 李明博大統領の独島(ドクト、日本名竹島)訪問、「天皇が韓国に来るには謝罪しなければならない」という発言が直前にあったためなのか「普通」参拝客の反応まで激昂いた。大学3年生の佐藤圭は「率直に竹島問題についてよくわからないが、天皇陛下に対して叱るような発言をしたことには腹が立った」と話した。通常なら冷静に「みな日本が過去に誤ったためだろう」と「非違」を認めていた日本人記者たちもこの日は記者に「いったい(李大統領が)どうするつもりですか」と迫る姿だった。一部の日本人記者は「21日から放映する予定だった韓国ドラマ『神と呼ばれた男』が(主人公ソン・イルグクの独島横断行事参加で)放映が無期延期された」と知らせてきたりした。
3年ぶりに閣僚参拝、靖国前に極右派は気勢を上げる(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP