주요 기사 바로가기

名人が作る「元祖トッカルビ」の衝撃的材料(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.14 11:20
0
この食堂の主人は2002年に「鴨トッカルビ」を開発し、大韓名人会の「名人」に選ばれたという。大韓名人会は国家指定名人を選定する社団法人で農林部とは関係ない。大韓名人会側は審査基準などを尋ねる制作スタッフに「とても包括的で答えに困る」とした。「味覚スキャンダル」のチョン・ヨンジンPDは、「カルビや元祖、名人などの単語をどこまで信じるべきか当惑する」と話した。

これらの食堂で売っているトッカルビはすべてひき肉に野菜を混ぜて作った料理で、事実上一般のハンバーグと同じ食べ物だった。辞書的意味とは距離が遠かった。ソウルのある市場でトッカルビを作って売るはD店では、「ハンバーガーパティとしても作れる」という話までした。どんな形で焼くかによりトッカルビにもなり、ハンバーガーパティにもなるという話だった。ここで売る手の平ほどのトッカルビ一枚の価格は1000ウォン。「カルビ」という名前が面目を失うほど安い値段だ。

料理コラムニストのファン・ギョイク氏は、「消費者は口で食べる前にトッカルビという名前が与えるイメージを先に食べている。名前を通じ食材料と調理法を予測すべきだが、このように予測が不可能だから消費者は紛らわしい」と話した。ソウル・梨泰院洞(イテウォンドン)で飲食店を運営している韓国料理人のクォン・イジュン氏は、「トッカルビではなくトングランテンに名前を変えなければならない。消費者がどんな食べ物なのか正しく知って食べなければならないのではないか」と指摘した。トッカルビの真実を扱った「味覚スキャンダル」は14日午後10時50分からJTBCで放映される。


名人が作る「元祖トッカルビ」の衝撃的材料(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP