주요 기사 바로가기

タッカルビが宇宙飛行士の食膳に…韓国型宇宙食17種に増える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.08 14:25
0
宇宙ステーションで宇宙飛行士が食べるものは、 生きた微生物が一匹も含まれておらず、ほとんどが乾燥されている。 また摂氏70度でもよくふやけなければならず、開発が難しい。

韓国原子力研究院は韓国国内の食材を利用した宇宙食品9種を開発し、ロシアから宇宙食品として認証を受けたと7日、明らかにした。 アサリ粥、ジャム、干し柿チョコレート、カボチャ粥、鶏粥、骨煮込み野菜スープ、タッカルビ(鶏カルビ)、カレー飯、ブルーベリーなどだ。今回の認証で韓国はキムチ、ラーメンを含めて計17種類の宇宙食を保有することになった。

ビニールパックに入ったアサリ粥は摂氏70度の水をかければ5分で粥に変わる。 干し柿チョコレートは干し柿にチョコレートをかぶせたもので、骨煮込み野菜スープは乾燥した具に熱湯を注いで食べればよい。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    タッカルビが宇宙飛行士の食膳に…韓国型宇宙食17種に増える

    2011.12.08 14:25
    뉴스 메뉴 보기
    韓国国内の材料を利用した宇宙食。
    TOP