주요 기사 바로가기

1日平均42人…韓国の自殺率7年連続でOECD最高(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.10 09:18
0
6日、忠清南道天安(チュンチョンナムド・チョンアン)の順天郷(スンチョンヒャン)大学天安病院本館5階の農薬中毒患者集中治療室。67歳の男性が意識を失い死を待っていた。男性は先月14日に妻とのいさかいから、酒を飲んだ後に腹立ちまぎれに猛毒性除草剤「グラモキソン」50ミリリットルを飲み干した。彼は結局この日午後に死亡した。順天郷大学天安病院は毎年500人余りの農薬中毒患者を治療する。同病院のホン・セヨン農薬中毒研究所長は、「ほとんどが自殺するために意図的に農薬を飲んだ患者だ」と話した。

10日は「世界自殺予防の日」制定10周年だ。世界保健機関(WHO)と国際自殺予防協会(IASP)が自殺は個人問題でなく社会的問題という点を広く広報するために作った日だ。

韓国は2004年に経済協力開発機構(OECD)加盟国で自殺率1位に上がってからその座を守っている。2000年に人口10万人当たり13.6人だった自殺率は2010年には33.5人に増加した。2010年のOECD平均12.8人の2.6倍だ。毎日平均42.6人が自殺していることになる。

特に韓国は65歳以上の高齢者の自殺が深刻だ。2010年の自殺者1万5566人のうち28.1%に当たる4378人が65歳以上だった。高齢者自殺率は10万人当たり81.9人で全体平均33.5人の2.4倍に上る。高齢者自殺率が全体の自殺率より低くなる世界の傾向とは反対に進んでいる。農村地域が深刻だ。2010年の忠清南道の高齢者自殺率は10万人当たり123.2人で、ソウルの65.1人の2倍に達する。50~60世帯が住む忠清南道のある村では2007年に1週間に5人の高齢者が自ら命を絶った。統計庁によると2010年の高齢者自殺の主な原因は、経済的貧困、身体的疾病、社会的孤立のためであることがわかった。
1日平均42人…韓国の自殺率7年連続でOECD最高(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    1日平均42人…韓国の自殺率7年連続でOECD最高(1)

    2012.09.10 09:18
    뉴스 메뉴 보기
    韓国は2004年に経済協力開発機構(OECD)加盟国で自殺率1位に上がってからその座を守っている。
    TOP