주요 기사 바로가기

韓国人男性、顕忠院で「独島は韓国の領土」遺書を手に自殺未遂

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.24 18:00
0
50代の男性が国立ソウル顕忠院の前で「独島(ドクト、日本名・竹島)は韓国の領土」という内容の遺書を残して自殺を図ったが、救助された。

ソウル銅雀警察署は24日午前11時、銅雀区舎堂洞の国立ソウル顕忠院西門前で除草剤を飲んで意識を失ったチェさん(55)を発見し、病院に運んだと、聯合ニュースが伝えた。

発見当時、チェさんは「独島は韓国の領土」と書かれた旗と知人、大統領、国会議員に送る手紙形式の遺書を書いたノートを持っていたという。 遺書には「韓国を植民支配した日本が独島まで奪おうとしている。 屈することなく対抗しなければならない」という内容も書かれていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP