주요 기사 바로가기

アップルへの批判相次ぐ…「サムスンの勝利がIT革新につながる」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.03 08:42
0
主力製品が訴訟に巻き込まれたがサムスン電子は緊張していない。判決が2014年に出るためだ。毎年新製品が出る携帯電話市場の特性上、判決が下される時には両製品とも後継モデルが発売されている可能性が高い。判決が市場に与える衝撃は相対的に大きくないだろうという話だ。

また、ユーザーインターフェースは迂回技術の適用がいくらでも可能だ。サムスンはすでにアップルが取得した、画面のスライド時に最後で跳ね上がる「バウンスバック」の特許を他の技術で回避した。ただアップルが勝訴した場合、サムスンが「ギャラクシーS3」と「ギャラクシーノート10.1」販売にともなう利益の一部を賠償金として支払わなければならない可能性はある。

アップルの相次ぐ訴訟をめぐり米国を含む海外メディアは批判を浴びせている。米有力日刊紙のワシントンポストは31日付で「アップルがサムスン電子に負けてこそIT業界の革新につながる」という内容の専門家コラムを掲載した。経営理論専門家のビベク・ワドファ氏はコラムを通じ、「最近のアップルの動きはIT革新を妨害する。控訴審でサムスンが勝つことがアップルのためにもより良い結論だ」と主張した。英日刊紙ガーディアンのコラムニスト、マイケル・ウルフ氏は先月28日、「訴訟と特許戦争に時間を消費する企業を見るとほとんどが衰退していく恐竜だ」と皮肉った。

実際にIT業界では法廷訴訟に没頭した企業が市場から押し出された事例は少なくない。かつて携帯電話製造分野の絶対強者だったノキアは2009年10月と12月にアップルが自社の技術特許を侵害したとして米国際貿易委員会(ITC)に提訴した。2年余りの攻防の末に勝訴したが、市場の主導権はサムスン電子とアップルに奪われた。1976年にインスタントカメラメーカーのポラロイドは世界最大のフィルムメーカーのイーストマンコダックが自社の特許を侵害したとして訴訟を提起した。実に16年にわたり続いた訴訟でポラロイドは8億7300万ドルという賠償額を受け取り勝利したがその後の革新に成功せず破産した。


アップルへの批判相次ぐ…「サムスンの勝利がIT革新につながる」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP