주요 기사 바로가기

裁判の結果にSNS世論の逆風…アップル好感度が急降下

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.08 09:50
0
サムスンがアップルに10億5000万ドルを支払うべきという米国陪審員の評決が、むしろアップルに対する好感度を落としている。

米経済専門誌フォーブスは6日(現地時間)、「評決後にアップルの評判がどう落ちたかが明らかに」と題した記事をオンラインで報道した。フォーブスが英国のメディアメジャーメント社に依頼し、先月3日から30日までの28日間、全世界の人々がアップルのフェイスブックに載せたコメントを分析した内容だ。

これによると、先月24日の評決前はコメント全体の25%がアップルに対して否定的な内容だったが、評決後にはこの比率が85%に増えた。「アップルの製品は本当に美しかったが…。サムスンが良いものを作ったからといって攻撃するよりも、アップルはより良い製品を作ることを願う」という穏やかな内容から、「アップルは汚い。サムスン頑張れ」のように嫌悪感を表したものまで、さまざまなコメントが書き込まれている。「これほど多くの人がアップルを嫌っていることを初めて知った」「訴訟は商売の手段ではないだろう」などのコメントもあった。

フォーブスは陪審員の評決後に載せられた約5万8000件のコメントを分析し、否定的な意見を類型別に分類した。その結果、「アップルが軽率だった」という内容が30%で最も多く、「アップルが競争を恐れている」(28%)、「アップルも他の企業の製品を模倣した」(18%)などが後に続いた。

フォーブスのコラムニストは「評決後、アップルのフェイスブックに書き込まれたコメントの40%が特許訴訟に関するものだった」とし「アップルを擁護するコメントはほとんどなかった」と伝えた。韓国ソーシャルメディア振興院のチェ・ジェヨン院長は「法廷紛争のためアップルの革新イメージが薄れている」と診断した。

先月、米カリフォルニア州北部連邦地裁で陪審員は「サムスンがアップルのデザイン・ソフトウェア特許を侵害し、アップルはサムスン特許を侵害していない」とし「サムスンはアップルに10億4934万ドルを賠償すべき」と評決した。評決が出た裁判所はアップル本社から15キロしか離れていない。

米国の消費者は評決自体に対しても否定的だった。米国のPhoneArenaが評決後にオンラインで質問をしたところ、回答者1194人のうち974人(82%)が「今回の評決は消費者の損失であり、結局、革新を阻害することになる」と答えた。

一方、カリフォルニア州北部連邦地裁のルーシー・コ判事は20日に予定された審理の日程を遅らせてほしいというアップルの要請を棄却した。サムスンが出した「ギャラクシータブ10.1の販売差し止め仮処分決定を撤回してほしい」という件を扱う審理だ。12月6日に予定されたサムスン製品販売差し止め審理日程を操り上げてほしいというアップルの要求も棄却された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP