주요 기사 바로가기

<五輪>バドミントンで無気力試合、韓・中・インドネシア選手全員が失格

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.08.02 10:02
0
ロンドン五輪バドミントン女子ダブルスに出場した韓国選手が「無気力試合」で全員失格になった。ともに「無気力試合」をした中国とインドネシアの選手も失格処分を受けた。AP・AFP通信は1日、「世界バドミントン連盟(BWF)が女子ダブルス1次リーグで行われた「無気力試合」と関連し韓国、中国、インドネシアの選手8人を全員失格処理した」と報道した。

BWFは「無気力試合」疑惑に対する聴聞会を開き懲戒対象8人を召還して意見を陳述させた。懲戒対象8人は中国の王暁理、干洋組、韓国のチョン・ギョンウン、キム・ハナ組、ハ・ジョンウン、キム・ミンジョン組、インドネシアのメリアナ・ジャウハリ、グレイシア・ポリー組だ。韓国とインドネシアはこの決定に対しBWFに提訴したが棄却された。

無気力試合の始まりは中国だった。世界ランキング1位である王暁理、干洋組は組別リーグ最終戦でチョン・ギョンウン、キム・ハナ組を相手に無気力試合をした。同じ中国代表の趙蕓蕾、田卿組と決勝で会うためには2位で通過しなければならなかった。続いて行われた試合ではハ・ジョンウン、キム・ミンジョン組とメリアナ・ジャウハリ、グレイシア・ポリー組が準々決勝で王暁理、干洋組との対決を避けるため互いに負けようとした。

 


関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP