주요 기사 바로가기

<五輪>バドミントン無気力試合で非難…オリンピック精神に泥、国の恥さらし(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.02 09:35
0
世界バドミントン連盟(BWF)が「無気力試合」をめぐる韓国側の異議申し立てを棄却した。ロイター通信など海外メディアによると、BWFは1日(現地時間)、韓国バドミントンチームの抗議を受け入れないことにした。これに先立ちBWFはロンドンオリンピック(五輪)バドミントン女子ダブルス1次リーグで発生した「無気力試合」に関し、韓国・中国・インドネシアの8人の選手を失格(disqualify)処理していた。

失格選手は世界1位の王暁理-干洋組(中国)をはじめ、インドネシアのメリアナ・ジャウハリ-グレイシア・ポリー組(インドネシア)、韓国のチョン・ギョンウン-キム・ハナ組、ハ・ジョンウン-キム・ミンジョン組の8人。

ロイター通信は「この選手たちはトーナメントで有利な相手と対戦するため、意図的にネットに引っ掛けるなど負けるためのプレーをした」とし「恥知らずのバドミントン選手が自分の利益のためにわざと負けた」と非難した。BBCとガーディアンも「中国と韓国のバドミントン選手が試合に勝とうとせず、スポーツ精神を傷つけた」と述べた。

実際、無気力試合による敗戦は中国が先に試みた。世界ランキング1位の王暁理-干洋組は組別リーグ最終戦でチョン・ギョンウン-キム・ハナ組を相手に無気力プレーをした。同じ中国チームの趙蕓蕾-田卿組と決勝まで対戦しないためには組2位になる必要があったからだ。

続いて行われた試合では、ハ・ジョンウン-キム・ミンジョン組とメリアナ・ジャウハリ-グレイシア・ポリー組が無気力プレーをした。世界ランキング1位の王暁理-干洋組との対決を避けるためだった。
<五輪>バドミントン無気力試合で非難…オリンピック精神に泥、国の恥さらし(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP