주요 기사 바로가기

<五輪>中国の無気力プレーを真似て恥をかいた韓国バドミントン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.01 17:28
0
韓国バドミントン代表チームが中国の「無気力試合」を真似て恥をかいた。 2012ロンドンオリンピック(五輪)バドミントン競技で問題になった「無気力試合」で、中国はもちろん、韓国とインドネシアまでも世界バドミントン連盟(BWF)の懲戒を受ける危機に直面している。

AP通信は1日、「世界バドミントン連盟は1日夜(以下、日本時間)、ロンドン五輪に出場したバドミントン女子ダブルスの4組8人を対象に聴聞会を開き、懲戒について議論する計画」と報じた。 懲戒対象8人はA組の無気力試合をした王暁理-干洋組(中国)、チョン・ギョンウン-キム・ハナ組(韓国)、C組のハ・ジョンウン-キム・ミンジョン組(韓国)、メリアナ・ジャウハリ-グレイシア・ポリー組(インドネシア)。

世界ランキング1位の王暁理-干洋組は1日未明、A組の最終戦でチョン・ギョンウン-キム・ハナ(世界ランキング8位)を相手に無気力なプレーをし、観客からブーイングを受けた。 意図的にサーブをネットに引っ掛けて失点した。 この試合では4回が最も長いラリーだった。 王暁理-干洋組は準決勝で同じ中国チームの趙蕓蕾-田卿(ランキング2位)と対戦するのを避けるため、勝つ意思がなかった。 結局、王暁理-干洋組は0-2で敗れ、決勝までチーム同僚との対戦を避けることになった。

 
この次に、ハ・ジョンウン-キム・ミンジョン組とメリアナ・ジャウハリ-グレイシア・ポリー組の試合が行われた。 韓国選手とインドネシア選手はお互い負けようとサーブをミスするなど無気力プレーを見せた。 この試合の勝者がC組1位となり、準々決勝で世界ランキング1位の王暁理-干洋組とぶつかるからだ。


<五輪>中国の無気力プレーを真似て恥をかいた韓国バドミントン(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP