주요 기사 바로가기

韓国野党議員、日本を訪問し孫正義と会談…“脱・盧武鉉”へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.08 10:47
0
民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)常任顧問が7日、日帰りで日本を訪問して孫正義ソフトバンク会長と会談した。6日ツイッターとフェイスブックに「大統領出馬宣言文に必ず入れるべき内容を送ってほしい」と大統領選挙出馬文公募に乗り出してから1日後だ。この日の訪問は孫会長の招待だった。文顧問は孫会長と会談を終えた後、特派員らと懇談会を開いて「脱・盧武鉉(ノ・ムヒョン)の歩み」とみられる言及をした。また「盧武鉉政権時は原子力発電所比率を40%まで増やすようにし、李明博(イ・ミョンバク)大統領は60%まで増やすことを目標にしたが、私はこれに対し反対する」として、「中長期的に脱原子力発電所政策を行わなければならないということで孫会長と意見をともにした」と明らかにした。文顧問は「原子力の代わりに新再生エネルギーを確保するため、孫会長が構想する『アジアスーパーグリッド(韓国~日本~モンゴル~中国~ロシアを送電線でつなぐプロジェクト)』構想が有意義な役割を果たすとみている」と述べた。

それと合わせて「近い将来、原子力発電所の追加建設中断、寿命が過ぎたのに稼動を延長している原子力発電所の稼動を直ちに中断、原子力発電所依存比率を減らしていくためのエネルギー政策の全面再修正を私の大統領選挙の公約として掲げる」とした。

「濃厚な盧武鉉色」は今まで彼の政治的資産でありながらも限界と指摘されてきた。そのような文顧問が「独立した政治家」として1人で立つことにしたわけだ。先月23日、盧武鉉前大統領3周忌追悼式の時、「3年喪明け」を宣言した後、夜中にツイッターに「焼酎を飲んでいます。心の喪明けです。盧武鉉と盧武鉉政権を越える新しい政治に向かった出発です」と書き込んだ。

また懇談会で統合進歩党の李石基(イ・ソクキ)、キム・ジェヨン議員除名問題に対する質問が出るとすぐに「統合進歩党は国民に多くの失望を与えて絶対的刷新が必要だが、除名問題は候補選出過程での不法性が確認された後になされるべきで、色彩論で追い立てて除名するのは不当だ。果たして誰が国家観を審査することができるのか。維新の時、金泳三(キム・ヨンサム)氏を議員除名したことと同じだ」と指摘した。キム・ドゥグァン慶尚南道(キョンサンナムド) 知事に対する比較優位を尋ねた質問には「キム知事は慶南に野党国会議員が1人しかいなくて、知事職を辞めるのに負担が大きいのが事実」としながら「私の競争力が最も高いと考えている」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党議員、日本を訪問し孫正義と会談…“脱・盧武鉉”へ

    2012.06.08 10:47
    뉴스 메뉴 보기
    民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)常任顧問(左)と孫正義ソフトバンク会長。
    TOP