주요 기사 바로가기

【コラム】セクハラ社会に転落する韓国社会

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.15 17:53
0
最近物議をかもしているインターネット認証ショットに対し、「ビキニ女性の生物学的完成度に感嘆する」と堂々と語ったのは、ヌード画家でなくインターネット放送の男性総帥だ。 女性は激しい屈辱感と性的暴力を感じているが、この男性総帥はセクハラでないと堂々と主張している。 これは韓国人男性の低いセクハラ敏感度を表しているのだろうか。

韓国は経済成長・教育熱・医療産業発展などでは先進国レベルになったが、性格差指数(世界経済フォーラム、2011)では134カ国のうち107番目である理由がここにある。 男性と女性の賃金格差が116位、女性経済活動率が111位であるのは、女性を平等に認めていないからだ。 男性はこうした写真を見てセクハラだと認識できないレベルなのだから、韓国は女性が暮らしにくいところだ。 平等な生活を望んだ数多くの女性の希望は空しいものだったのか。

孫正義ソフトバンク会長は「前が見えない時ほどもっと遠くを見るべきだ。 遠くを見れば景色が美しく、近いところを見れば船酔いがひどくなる」と未来を語った。 性の平等は未来を眺める窓だ。 いま前が見えない韓国社会で自分の利益のために遠くを眺めることができなければ、大韓民国の大きな船に乗った人々を船酔いさせる過ちを犯すかもしれない。

キム・テヒョン誠信(ソンシン)女子大教授(社会福祉学科)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP