주요 기사 바로가기

日本サッカー急成長の原動力「Jリーグ百年構想」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.08.11 18:02
0
1983年にプロサッカーを発足させたチェ・スンヨン元大韓サッカー協会会長は「日本サッカー協会会長がプロサッカーの発足を非常にうらやましがっていた」と記憶している。

しかし日本は急いでプロサッカーに飛び込まなかった。 徹底的に計画を練り、10余年後、日本は「Jリーグ百年構想」を発表した。 欧州式クラブシステムを導入したJリーグを設立し、ユース育成システムを定着させるのが骨子だった。

10日の韓日戦でゴールを決めた本田圭佑と香川真司もJリーグのユースシステムで育った選手だ。 2005年に当時の小倉純二日本サッカー協会会長は具体的な目標として2050年男子ワールドカップ(W杯)優勝を設定した。 中間目標は2015年までに国際サッカー連盟(FIFA)ランキング10位以内に入ることだ。 現在の日本のFIFAランキングは16位で、目標に近づいている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本サッカー急成長の原動力「Jリーグ百年構想」

    2011.08.11 18:02
    뉴스 메뉴 보기
    日本代表チームの香川真司(ドルトムント、右)。
    TOP