주요 기사 바로가기

北朝鮮の東倉里基地で胴体組立…ミサイル発射準備が加速化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.26 08:30
0
北朝鮮が来月に人工衛星の光明星(クァンミョンソン)3号を載せて発射する弾道ミサイル(長距離ロケット)の胴体が平安北道鉄山郡東倉里(ピョンアンブクド・チョルサングン・トンチャンリ)基地に移されたことが確認された。情報当局関係者は25日、「北朝鮮が先週平壌市(ピョンヤンシ)の兵器研究所で組み立てた発射体を発射場に移した。現在ミサイル胴体を東倉里基地の建物内で組み立て中であるものと理解している」と話した。北朝鮮が各地で生産した部品を平壌近隣の兵器研究所で一次的に組み立てた後、1・2・3段階発射体をそれぞれ特殊列車を利用して東倉里に運んで組み立て段階に入ったという。

2009年4月5日に光明星2号を積んだロケットを発射した時より最小4日早く運んだのだ。情報当局は昨年末に北朝鮮が平壌と東倉里をつなぐ鉄道を完工したと把握しており、発射体もこのルートを利用したと判断している。同関係者は、「当初今週初めに発射体を東倉里に移すとみていたが予想より早く行動に出た。これは核安保サミットを念頭に自分たちの発射意志を誇示しようとする意図とみられる」と分析した。

新たに建設された東倉里発射基地の施設能力を考慮すると発射体の運搬・組み立て、燃料・酸化剤注入、発射台への設置、発射など一連の過程に15日ほど必要と推定される。従来使っていた舞水端里(ムスダンリ)基地の場合、この過程に1カ月以上が必要とされた。

北朝鮮が本格的な発射準備に入るとすぐに韓米情報当局は偵察衛星などを動員してこの一帯に対する集中監視体制に入った。特に1000キロメートル離れた空中の動きを捕捉できるイージス艦を西海(ソヘ、黄海)と南海(ナムヘ)に急派してミサイル発射と軌道追跡に乗り出した。

しかし東倉里基地の施設の大部分が地下化されており具体的な動向捕捉は容易ではないとされる。特に燃料供給装置が地下にある上、自動化されているのが問題という。発射準備の可否を判断する決定的証拠の燃料注入が始まっても偵察衛星では捕らえにくいためだ。

これに先立ち日本のフジテレビなど一部外信は北朝鮮が弾道ミサイルの本体とみられる物体を24日までに鉄道などを使い東倉里に搬入したと報道した。北朝鮮外務省報道官も23日に「準備作業が本格的な実際行動に入った」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP