주요 기사 바로가기

韓国成人6人に1人、この1年間に精神疾患を経験

ⓒ 中央日報日本語版2012.02.15 16:12
0
韓国の成人の6人に1人はこの1年間に精神疾患を経験し、さらに成人の4人に1人は生涯に1度以上、精神疾患を経験していることが分かった。

保健福祉部が昨年、全国の成人男女およそ6000人を対象に精神疾患実態を調べた結果、精神疾患の1年間の有病率は16.0%だった。 これは成人6人のうち1人が調査時点前の1年間に精神疾患を経験したことを意味する。 性別では男性が16.2%、女性が15.8%で、男性がやや高かった。

また成人4人のうち1人の割合で、これまでに1回以上、精神疾患を経験していることが明らかになった。 ただ、症状が軽いアルコール・ニコチン中毒が伴う「アルコール・ニコチン使用障害」を除けば、精神疾患の1年有病率は10.2%、生涯有病率は14.4%に下がる。

政府は精神疾患者の大半が周囲の目を意識して治療を受けていないと把握し、精神健康検診の実施、精神疾患の細分化など対策づくりに取り組んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP