주요 기사 바로가기

今度は投資詐欺? “八百長”衝撃で余震続くプロバレーボール界

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.13 10:07
0
プロバレーボールの八百長に関連したうわさが次々と出てきている。

バレーボール界の関係者は「元プロバレーボール選手Aが事業をすると言って選手たちから投資費名目でお金を受け取り、払い戻していないと聞いた」と話した。また「お金を返してもらえない選手らが組織的に試合操作に加担したのかもしれない」と説明した。

この関係者によると、約30人の選手がそれぞれ数千万ウォンから数億ウォンまで計50億ウォン(約3億5000万円)ほど失ったという。この関係者はお金を返してもらっていない元・現職選手3人の名前を挙げた。このうち元韓国代表2人が中央日報との電話で「投資費名目でお金を出した」と認めた。

しかしこの事件と八百長が関係しているかどうかは分からない。両選手の所属球団の関係者は「一部の選手が投資費名目でお金を渡して配当金も受けた」とし「結果的に事業がうまくいかず損失が出たのは事実だが、お金を取られたと見ることはできない」と話した。続いて「事業をしたのはAの夫人で、事業がうまくいかずやめたと聞いている」とし「この事件は八百長が発生する前からバレーボール界で公然と知られていた事実で、八百長とはいかなる関係もない」と強調した。

Aはこれらをすべて否定した。Aは「私がお金を受け取ったことはない。事業をしたこともなく、引退後に知人の会社で助けたことしかない」と反論した。また「誰がどういう理由でおかしなうわさを広めているのか分からない。3者対面をしてもかまわない」と主張した。

あるバレーボール関係者は「Aは現在、夫人と離婚した状態で、元夫人は詐欺疑惑で収監中と聞いている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP