주요 기사 바로가기

韓国女子バレーボールも八百長?…検察が捜査拡大

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.10 14:24
0
男子チームのKEPCOで発生したプロバレーボールの八百長事件が女子チームと尚武信協にも広がっている。 女子部の各チームと尚武はチーム内で徹底調査を始めた。

事件を捜査中の大邱(テグ)地検はすでに拘束したKEPCOの元・現選手5人とブローカーを取り調べる過程で、「女子バレーボール選手の一部がブローカーを通して勝負操作に加担したと聞いている」という供述を受け、調査を拡大している。

女子プロスポーツ選手の八百長疑惑が浮上したのは初めて。 男子に続いて女子選手までが八百長に関与したという情報が確保され、事件は男女プロバレーボール全体に広がっている。 また検察は尚武信協の現役選手1人を同じ容疑で調べている。

八百長事件が全方向に拡大し、バレーボール界は緊張している。 女子部の現代(ヒョンデ)建設のファン・ヒョンジュ監督は「事件がますます広がり、 どこから何が出てくるか分からず、ストレスが大きい。 練習も集中できない」と話した。 同じ女子部のGSカルテックスのイ・ソング監督も「女子バレーボールはないと思っていたがショックだ」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP