주요 기사 바로가기

北朝鮮「脱北すれば現場射殺」…住民を脅迫

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.09 17:30
0
最近、北朝鮮が「脱北者は現場で射殺する」という内容を住民に伝えているという。 恐怖を与えて経済難や体制混乱による脱北を防ごうという狙いだ。

8日のデイリーNKによると、北朝鮮労働党出版社が今年1月に制作した「国境沿線地帯を強化し、革命的警覚性をさらに高め、社会主義の威厳を見せよう」と題した文書に、脱北者を現場で処刑するという内容が書かれている。 脱北者現場射殺が文書に明示されるのは異例。 それだけ北朝鮮当局が脱北防止に力を注いでいるという意味だ。

「先日、豆満江(ドゥマンガン)を越えて社会主義祖国を裏切ろうとした反逆者が、国境警備隊員の鋭い目にかかって逮捕された。わが軍人は反抗して逃走を図った者を現場で直ちに処断し、残りの者はその場で逮捕した」という内容だ。 「処断」とは、「逮捕が難しい場合は射殺しろ」という指針に基づいた「銃殺」を意味する。 先月末、咸境北道(ハムギョンブクド)、両江道(リャンガンド)など国境地域の住民にこうした内容を伝えたという。

北朝鮮当局は国境を封鎖するため、植林などさまざまな方法を模索していると伝えられた。 最近、中国国境地域に鉄条網を設置したのに続き、今度は木で仕切るということだ。

文書には「国境を虎視眈々と狙う敵の策動を阻止するため、鴨緑江(アムノッカン)と豆満江地帯にアカシアの木を植えて仕切るという奇抜な着想で、実践に移すための事業に乗り出した」という内容が書かれていると、とデイリーNKは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP